利用・開発・デザインのITスキルを認定

情報検定(J検)

  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明
  • 教養を豊かに

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

情報検定は、一般財団法人 職業教育・キャリア教育財団が実施する民間の試験で、J検とも呼ばれます。ITでの情報処理に関わる、利用・開発・デザインの各スキルを試験し、認定します。

級・レベル・上位資格

試験は、情報活用試験、情報システム試験、情報デザイン試験の3体系に大別されます。それぞれ、情報活用試験は1〜3級、情報デザイン試験は初級と上級があります。
情報システム試験は、基本スキル・プログラミングスキル・システムデザインスキルという科目ごとの受験となっており、基本スキル+プログラミングスキルの合格でプログラマ認定、基本スキル+システムデザインスキルの合格でシステムエンジニア認定を受けられます。なお、全科目に合格すると、上記2種の認定を両方とも受けることになります。

職場・収入

コンピュータを使用する職場であれば、すべてが対象となります。この資格で就職が可能になるという性質のものではありませんが、コンピュータやITの知識、活用方法について、一定のレベルであることを証明するのには役立つといえるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

ペーパー方式とインターネットを利用したCBT方式の2種類があります。
すべてマークシート方式です。なお、情報デザイン試験はCBT方式のみです。
試験範囲は次のとおりです。

・情報活用試験
<1級>
情報と情報の利用、パソコンを利用したシステム、ネットワークの利用、情報ネットワーク社会への対応、情報セキュリティ、表計算ソフト等を利用した問題解決
<2級>
経営戦略とシステム戦略、プロジェクトマネジメント、データ構造と情報表現、問題解決処理手順、パソコンの基礎、インターネットの基礎、アプリケーションソフトの利用と活用
<3級>
情報処理と処理手順、パソコンの基礎、インターネットの基礎、インターネットの利用、情報機器の基本操作、情報社会とコンピュータ、情報モラル

・情報システム試験
【基本スキル】
プロジェクトマネジメント、情報表現、データ構造・集合と論理、CPUアーキテクチャ・補助記憶装置、システム構成・ソフトウェア
【プログラミングスキル】
データ構造とアルゴリズム、擬似言語、プログラミング技術または表計算ソフトを利用した問題解決
【システムデザインスキル】
経営戦略とシステム戦略、システムの開発、ネットワーク技術、データベース技術、セキュリティと標準化

・情報デザイン試験
<初級・上級>
情報デザインの考え方、情報の収集と整理、問題解決と発想、情報の構造化と表現、情報の伝達と評価
領域は同じですが、上級では、初級の内容を前提として応用問題となっています。

費用

情報活用試験:<1級>4,500円、<2級>4,000円、<3級>3,000円
情報システム試験:【基本スキル】3,500円、【プログラミングスキル】3,000円、【システムデザインスキル】3,000円
情報デザイン試験:<初級>4,000円、<上級>4,500円

受験地

北海道、青森、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、山梨、長野、岐阜、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、和歌山、鳥取、島根、広島、山口、徳島、香川、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

難易度

・情報活用試験(2016年12月18日実施)
<1級>受験者数 875名、合格者数 480名、合格率 54.9%
<2級>受験者数 804名、合格者数 415名、合格率 51.6%
<3級>受験者数 462名、合格者数 234名、合格率 50.6%

・情報システム試験(2017年2月12日実施)
【基本スキル】受験者数 1,036名、合格者数 618名、合格率 59.7%
【プログラミングスキル】受験者数 841名、合格者数 469名、合格率 55.8%
【システムデザインスキル】受験者数 667名、合格者数 212名、合格率 31.8%

スケジュール

試験の方式によって異なります。
・ペーパー方式
前期試験:6月と9月、後期試験:12月と2月
・CBT方式(インターネット)
随時

お問い合わせ

◎財団法人 職業教育・キャリア教育財団 検定試験センター
〒102−0073 東京都千代田区九段北4−2−25 私学会館別館11F
TEL:03−5275−6336
URL:http://jken.sgec.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR