ダムの安全管理を担う技術者

ダム管理主任技術者

  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明
  • 学校、講習等で取得

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 本文等ご参照下さい
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

ダム管理主任技術者は、国土交通省による国家資格で、ダムの安全管理に必要な知識と操作技術について認定されます。法律により、利水ダムにはダム管理主任技術者を置くことが定められています。基本的にはダム管理主任技術者登録試験に合格した者、ダム管理主任技術者登録研修を修了した者、その他国土交通大臣が必要な知識および経験を有すると認めた者がダム管理主任技術者の資格を得られます。
ダム管理主任技術者登録研修については、財団法人 全国建設研修センターが主催しています。また、ダム管理主任技術者登録研修の修了者・ダム管理技士試験(財団法人 ダム水源地環境整備センター)の合格者は、資格認定に関わる実務経験年数を短縮できます。
登録試験など資格認定についての詳細は公開されていません。詳細は、実施団体または国土交通省に確認してください。

職場・収入

ダムまたは河川の管理業務をおこなう電力会社、河川管理会社が主な職場です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、ダムまたは河川の管理業務に従事する人が対象です(ダム管理主任技術者登録研修)。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

詳細は、実施団体または国土交通省に確認してください。
ダム管理主任技術者登録研修についての詳細は次のとおりです。
学科と実技訓練教科に分かれています。学科は5日間あり、その期間は基本的に全寮制での受講と決められています。実技訓練教科は、5月から7月の間に20回程度実施され、希望の日を申請することになります。

講習内容:
【学科】
ダムの水理構造物の機能の概要と維持管理・点検及び堆砂、ダムの構造の概要と安全管理、維持管理・点検、特別講話、ダム管理法規、水文観測及び流出予測、貯水池の管理(水質)、ダム管理業務諸規程及びダム操作の基本並びに維持管理・点検について、貯水池の管理(地すべり)、機械設備の概要と維持管理・点検整備について、電気通信設備の概要と維持管理・点検整備について、危機管理について、気象情報とその利用、質疑応答(洪水時のダム管理)、効果測定、実技訓練教科の説明、グループ討議及び自主演習

【実技】
ダム操作のシミュレータを使い実技訓練、ダム操作のシミュレータを使い実技効果測定

スケジュール

詳細は、実施団体または国土交通省に確認してください。
ダム管理主任技術者登録研修では、申込締切3月、学科4月、実技訓練教科5〜7月、合格発表10月です。

お問い合わせ

◎国土交通省
〒100−8918 東京都千代田区霞が関2−1−3
TEL:03−5253−8111(代表)
URL:http://www.mlit.go.jp/

◎ダム管理主任技術者登録研修について
財団法人 全国建設研修センター 研修局
〒187−8540 東京都小平市喜平町2−1−2
TEL:042−321−1634(代表)
URL:http://www.jctc.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR