システムエンジニアとしてのスキルを認定

システムアーキテクト試験

  • 就職・転職に有利
  • 高収入も可能
  • これから有望

国家資格

試験難易度 A 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

システムアーキテクト試験は、独立行政法人情報処理推進機構が主催する国家資格試験です。試験の対象としている人材は、情報システムや組み込みシステム開発プロジェクトで設計から試験までの全工程の中心となって活躍する技術者です。具体的には、ITストラテジストの提案を受けて、情報システムの仕様検討、要件定義、システム設計、開発、試験、運用、保守など、開発業務の全般を担当します。プログラムを作るプログラマーとは異なり、分析をはじめとしたプロジェクト管理や仕様決定・設計などの中心部分を担当します。

将来性

IT技術に精通し、複雑になりがちなシステム開発全体を管理し、目的とする機能や効果を実現できるスキルは、これからも高い需要が見込めます。転職にも有利ですが、それには実績やIT業界の技術トレンドを押さえている必要があります。

職場・収入

開発業務を請け負うIT系企業、一般企業のシステム部門、コンサルティング業務をおこなう企業などが職場となります。ただし、求人には実績を求められるので、経験を積みつつ、スキルアップやキャリアアップを目指すケースが一般的です。職場によっては、取得によって資格手当が加算されることもあります。収入面では優遇されることが多く、年俸制の契約では、実務経験・業務内容によって高収入を期待できます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
午前中に、多肢選択式(四肢択一)試験を2回、午後に記述式試験を2回おこないます。
午前の試験範囲:コンピュータシステム、技術要素、開発技術、システム戦略
午後の試験範囲:情報システム、組込みシステム

費用

受験料:5,700円(非課税)

受験地

全国各地

難易度

2016年度秋期の試験結果は以下のとおりです。
受験者数 5,363名、合格者数 748名、合格率 13.9%

スケジュール

年1回
受付期間:7月中旬〜8月下旬、試験:10月(秋期)

お問い合わせ

◎独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
〒113−6591 東京都文京区本駒込2−28−8 文京グリーンコートセンターオフィス15・16F
TEL:03−5978−7600
URL:http://www.ipa.go.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR