映画やドラマで登場人物を演じる

俳優

  • 高収入も可能
  • 生活・趣味を充実
  • 学校、講習等で取得

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

俳優は、広義では、映画やドラマ、舞台、劇場、ミュージカルなどで演技をする役者のことです。俳優の活動範囲は広く、CMの出演、プロモーションビデオ、イメージビデオ、広報用映像など演技を必要とするさまざまな分野で活躍します。なかに、声優業も兼ねている人もいます。人気俳優になると、バラエティ番組への出演や司会といったタレント活動、音楽活動、執筆業を手がける場合もあり、高い知名度を利用して実業家になったという例もあります。しかし、大きな成功を収める人はわずかという厳しい世界でもあります。
俳優でも中心となる活動の場を含めて、映画俳優、舞台俳優、ミュージカル俳優などと区別する場合があります。しかし、歌手からの転身、TVドラマに出演する映画俳優、宝塚劇団出身の映画女優がいるなど、分野の境界は絶対ではありません。

職場

フリーで活動する人もいますが、多くは芸能事務所や劇団に所属しています。有名俳優になると、所属事務所などに直接出演依頼が入ることもありますが、それ以外ではキャストのオーディションを受けることになります。また、キャスティングを専門におこなうキャスティング・ディレクターによって選ばれることもあります。所属先によって給料制を取っているところもあれば、歩合で決まる場合もあり、まちまちです。独立して個人事務所を設立するケースもあります。

将来性

成功し、第一線でやっていくことができるのは一部という厳しい面があります。しかし、さまざまな作品が生み出されていく業界でもあるので、長く活動をし、実績を重ねていくことで、味のある脇役として認められる例もあります。その意味では懐の深い面があります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

資格などは特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

この仕事に就くには、特に資格は必要ありません。新人発掘のためのオーディションから俳優になったり、モデルやタレントなど近い分野から俳優に転身したりというケースもありますが、まったくの素人が活躍できることは稀なので、確かな実力をつけたいのであれば、養成機関や劇団などで演技の素養を身につける方がいいでしょう。なお、養成機関や劇団でも知名度の高いところは、オーディションに合格しなければ所属できないところが多いようです。養成機関や劇団に所属できたとしても、そのなかから成功できるのは一握りであり、必ずしもデビューが約束されるわけではないことに留意しましょう。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR