海外映画やアニメのアフレコで活躍

声優

  • 専門技術を取得
  • 生活・趣味を充実
  • 学校、講習等で取得

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

声優とは、声専門で演技をする役者のことです。海外のドラマや映画など、もともと日本語で制作されていない作品、アニメーションやゲームなど映像上のキャラクターが登場する作品でアフレコをします。映像を伴わず、ドラマCDやラジオドラマなど音声だけで演技をすることもあります。このほか、TV番組のナレーション、ソフトウェアの音声(ナビゲーション)、企業のPRビデオなど、声を必要とするさまざまな媒体で活躍します。
作品によっては関連イベントに出演したり、キャラクター名義で音楽CDを出すこともあり、人気声優になると、コンサートを開いたり、ファンクラブができたり、というように、アイドルのような活動する例もありますが、そういう人はごくわずかです。
かつては舞台俳優など、俳優としての活動をしている人が声優を兼ねることが多かったのですが、アニメ作品が増加したことなどもあり、声優育成を目的とした専門学校などからも声優が登場するようになりました。
なお、現在も、声優であっても劇団に所属し、舞台に立ったり、俳優としてドラマに出演したりという人もいます。

職場・収入

フリーで活動する人もいますが、多くは声優の事務所に所属しています。アニメや映画作品の場合、キャスティングはオーディションをおこなう場合とおこなわない場合がありますが、プロデューサーや監督などといった制作者側が協議して決定します。アニメなどでは、原作者が声優を指名することもあります。また、仕事内容に応じて、事務所にどういう人材が必要かオファーする場合もあります。
独立して個人事務所を設立するケースもありますが、数は多くありません。

将来性

企業からの依頼も多く業務の数そのものはあり、それだけを仕事としている人もいます。しかし、一般視聴者も楽しめるアニメなどの分野で活躍し続けるのは一部の声優に限られるという点では、俳優やタレントと同じで、厳しい面があります。その反面、一度イメージが固まった場合は別の声優を当てることはまずないため、息の長い作品で重要人物にキャスティングされたり、有名俳優の吹き替えを担当したりすると、安定的な仕事になる場合もあります。声優から製作側の仕事を手がけるようになる人もいます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

資格などは特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

この仕事に就くには、特に資格は必要ありませんが、劇団や養成所、声優の専門学校に通って演技の勉強をするのが一般的です。ただし、卒業や課程の修了は、声優としての活動の場を保証するものではないことに注意しましょう。演技ができることは当然ですが、よい声であったり、特徴的な声質であったりという声優をするうえでの強みを持っている人が向いているといえるでしょう。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR