サロンワークに役立つ技能検定試験

ネイルスペシャリスト技能検定試験

  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明
  • 独立に有利

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

ネイルスペシャリスト検定試験は、爪の美容や健康のための手入れ、つけ爪といった施術をおこなう専門家としての技術と知識を検定します。特定非営利活動法人 インターナショナルネイルアソシエーション(I−NAIL−A)が実施している民間の試験です。最近、主流となってきているジェルネイルについても、この試験とは別に「ジェルネイル技能検定試験」が実施されています。
なお、ネイル技術の専門家については幾つかの民間資格がありますが、公的なものは存在しません。

級・レベル・上位資格

A級・SA級・PA級・AA級・AAA級の5つのレベルがあります。
A級・SA級は初心者や学生を対象としており、PA級〜AAA級がプロ向けの資格です。
関連資格として、安全で衛生的なネイルサービスの提供を目的としたネイル衛生管理者制度があります。

職場・収入

ネイル関連の仕事で資格は必須ではありませんが、就職の際には、この資格かJNEが主催するJNEネイリスト技能検定試験の資格、またはその両方があった方が望ましいでしょう。
就職先としては、ネイルサロン、美容室、エステティックサロン、ブライダルサロンなどといった美容関係のサロンが中心です。このほかに、ネイルスクール・講習会・理美容専門学校などで講師として活躍する人もいます。また、経験を積んで、自分のサロンをオープンする例もあります。
なかには、ネイルサービスを提供している高齢者福祉施設に出張(介護・福祉ネイル派遣事業)するケースもあり、I−NAIL−Aではこれらの活動をしている会員をサポートしています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と実技試験が実施されます。

学科試験の出題範囲はすべて同じです。
【学科試験】ネイル衛生学、人体のしくみ、ネイルとその異常、マニキュアリストの化学、ネイル概論、ネイルの技術
【実技試験】
<A級>テーブルセッティング、ネイルケア、カラーリング(マット赤)
<SA級>テーブルセッティング、ネイルケア、アーティフィシャルネイル、カラーリング(パールホワイト)
<PA級・AA級・AAA級>テーブルセッティング、ネイルケア、アーティフィシャルネイル(前半/後半)、カラーリング(マット赤・パールホワイト)
※合格基準が異なります。

費用

受験料(税別):
<A級>10,000円、7,000円(学科試験、実技試験のいずれかのみ受検)
<SA級>12,000円、9,000円(学科試験、実技試験のいずれかのみ受検)
<PA級・AA級・AAA級>15,000円、12,000円(学科試験、実技試験のいずれかのみ受検)

受験地

月によって実施場所は異なります。詳細は公式サイトを参照してください。
札幌、東京、大阪、名古屋、福岡、沖縄

難易度

合格率などのデータは発表されていません。合格基準は以下のとおりです。
【学科試験】50問中40問以上正解(80点以上)
【実技試験】
<A級・SA級>80点以上
<PA級>60点以上 <AA級>70点以上 <AAA級>80点以上

スケジュール

年3回実施(2017年度)
2月、9月、1月
詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎特定非営利活動法人 インターナショナルネイルアソシエーション
〒150−0013 東京都渋谷区恵比寿1−5−1ボックスハツミ5F
TEL:03−6277−3877
URL:http://www.i-nail-a.org/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR