高度な政策や技術業務をおこなう公務員

国家公務員採用 総合職試験 (院卒者試験)

  • 公的機関への就職
  • キャリアアップに有利
  • 社会に貢献

採用試験

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 大学院修士以上 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

国家公務員採用 総合職試験 (院卒者試験)は、院卒程度以上の人を対象にした採用試験で、仕事としては政策の企画を立案したり、技術や経験を必要とする業務を担当します。
試験の区分は、行政、人間科学、工学、数理科学・物理・地球科学、化学・生物・薬学、農業科学・水産、農業農村工学、森林・自然環境、法務に分かれています。法務については、新司法試験合格者が対象です。
試験に合格したのちは、採用候補者名簿(有効期間は3年)に掲載されます。関連する各府省などでは、この名簿から面接などを経て採用者を決定します。

職場・収入

勤務地は、各都道府県になります。初任給は職種・地域にもよりますが、25〜28万円程度(2017年度4月現在)で、各手当があります。

将来性

より能力や実績にもとづいた人事がおこなえるように、国家公務員試験は、平成24年度から新たな採用試験になりました。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢・学歴の条件があります。
・30歳未満であること
・大学院修了、または大学院修了見込みであること
なお、法務区分は、新司法試験に合格している必要があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

一次試験と二次試験がおこなわれます。
区分ごとに試験が実施され、試験の内容は以下のとおりです。
区分ごとに試験が実施され、試験の内容は以下のとおりです。
【一次試験】
・基礎能力試験(多肢選択式)
・専門試験(多肢選択式)
【二次試験】
・専門試験(記述式)
・政策課題討議試験
・人物試験
【英語試験】

ただし、法務区分の試験は以下になります。
【一次試験】
・基礎能力試験(多肢選択式)
【二次試験】
・政策課題討議試験
・人物試験
【英語試験】

費用

受験料はありません。

受験地

全国各地

難易度

2016年度の試験結果は以下のとおりです。
申込者数 2,956名、第一次試験合格者数 1,241名、合格者数 639名
<法務区分>
申込者数 66名、第一次試験合格者数 41名、合格者数 32名

スケジュール

受付期間:4月、第一次試験:5月、第二次試験:6月(筆記)、6月〜7月(政策課題討議・人物)、合格発表:7月
<法務区分>
受付期間:9月、第一次試験:9月末〜10月、第二次試験:10月、合格発表:10月

お問い合わせ

◎人事院人材局企画課採用相談室、人事院各地方事務局(所)
〒100−8913 東京都千代田区霞が関1−2−3TEL:03−3581−5314(直通)/03−3581−5311(内線2316)
URL:http://www.jinji.go.jp/

◎人事院各地方事務局(所)の一覧ページ
URL:http://www.jinji.go.jp/link/f-link.htm

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR