一定の無線設備で通信操作をおこなう

陸上特殊無線技士

  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得
  • 学校、講習等で取得

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

陸上特殊無線技士は無線設備を扱うための国家資格で、試験は財団法人 日本無線協会が実施しています。陸上にある無線設備を操作するためには必要な資格です。
もともと陸上無線技術士という資格がありましたが、電波が広く利用されるようになり、小規模な無線局が増加したことにより、こうした無線局で働く無線従事者のために陸上特殊無線技士が設けられました。
資格の取得には「国家試験に合格する」「養成課程を受講する」「学校で無線通信に関する科目を修めて卒業する」の4つの方法があります。

級・レベル・上位資格

扱うことのできる無線設備ごとに第一級〜第三級、国内電信級の4レベルにわかれています。
<第一級>電気通信業務用などの固定局・基地局ほか、第二級・第三級で扱えるもの
<第二級>小型の地球局の無線設備など。また、第三級で扱えるもの
<第三級>固定局、基地局、陸上移動局など(ただし空中線電力による制限あり)
<国内電信級> 固定局、基地局、陸上移動局など(国内通信)
陸上無線技術士は陸上特殊無線技士の上位資格となります。また、総合無線通信士は、国内電信級陸上無線技士の上位資格になります。

職場・収入

携帯電話などの移動体通信関連の開発や保守、通信サービスの運用などをおこなう企業が対象となります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

多肢選択方式での筆記試験がおこなわれます。

以下は国家試験について紹介します。出題範囲は次のとおりです。
<陸上特殊無線技士>(第一級〜第三級)
無線工学、法規
<国内電信級陸上特殊無線技士>
電気通信術、法規

費用

試験手数料及び受験票等送付用郵送料:
<第一級>5,352円
<第二級・第三級>5,152円
<国内電信級>4,552円

受験地

東京、札幌、仙台、長野、金沢、名古屋、大阪、広島、松山、熊本、那覇

難易度

合格率は公開されていません。各試験科目の合格の基準は、第一級、第二級とも60〜75点です。

スケジュール

年3回。
受付:4月上旬〜下旬・8月上旬〜下旬・12月上旬〜下旬、試験:6月中旬・10月下旬・翌2月上旬

お問い合わせ

◎公益財団法人 日本無線協会
〒104−0053 東京都中央区晴海3−3−3
TEL:03−3533−6022
URL:http://www.nichimu.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR