建築用図面を描くCAD技術の試験

建築CAD検定試験

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

建築CAD検定は、一般社団法人 全国建築CAD連盟が実施している民間資格です。CADとはコンピュータを使って機械や建築、電気用回路などの設計図面を作成する技術のことですが、建築CAD検定では建築用の図面を描くためのスキルについて試験します。
CADスキルに加えて基礎的な建築知識について試験されます。准1級から4級までの4レベルがあり、4級はCADを教えている教育機関(高校や専門学校、CADスクールなど)などでの団体試験のみになります。
この検定では使用するCADソフトを受験者が指定することになっています。CADソフトウェアにはAutoCADやVectorworksなど幾つかの製品がありますが、実際の試験で使用されるのはフリーウェアであり、建築業界で普及しているCADソフトウェア「Jw_cad」が多くなっています。

職場・収入

設計事務所・工務店・ゼネコン・ハウスメーカーなどが主な就職先になります。建築系の職場では標準的に必要とされる技術なので、CADにあわせて建築の知識を身につけると、より評価されやすくなるでしょう。
雇用形態は職場によって正社員のほか契約社員、また外部委託といった契約になるケースもあり、収入もそれによって異なります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

この検定試験は、すべて実技試験のみでおこなわれます。それぞれのレベルに合わせた課題が出され、CADソフトを用いて建築図面を作成します。試験時間は2〜4時間超とレベルによって異なります。

費用

受験料
<准1級>14,400円
<2級/3級>10,300円

受験地

全国各地

難易度

2015年度の合格率は以下のとおりです。
<准1級>35.7%
<2級>55.7%
<3級>78.9%
<4級>90.1%

スケジュール

一般受験は年2回(4月、10月)。団体受験はCADを教えている教育機関で実施し、年4回(4月、7月、10月、1月)おこなわれます。ただし、どちらも准1級は10月のみ実施です。

お問い合わせ

◎一般社団法人 全国建築CAD連盟
〒461−0008 名古屋市東区武平町5−1 名古屋栄ビルディング7F
TEL:052−962−5544
URL:http://www.aacl.gr.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR