贈り物をきれいに包むラッピング技術の試験

ギフト・ラッピングコーディネーター認定試験

  • 専門技術を取得
  • 生活・趣味を充実
  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

社団法人全日本ギフト用品協会が主催するギフト・ラッピングコーディネーター認定講習会を受講したのちに受けることができます。講習会は2日間(実技研修を含む)で、希望者は事前講習会を受けることができます。
試験に合格すると、同協会が認定する民間資格、ギフト・ラッピングコーディネーター資格を取得できます。

級・レベル・上位資格

上位試験として、ギフト・ラッピングコーディネーター上級資格認定試験、ギフト・ラッピングコーディネーター講師資格認定試験などがあります。

職場

趣味として取得するほか、小売業やサービス業をめざす人や従事する人が仕事の幅を広げるために取得する例があるようです。包装作業が発生する職場では、役立つ技術といえるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

理論試験と実技試験をおこないます。
試験範囲は、講習内容が元となります。
講習内容は以下のとおりです。
ギフトに関する一般知識、ギフトの知識、How To Wrapping(1)(2)

費用

受講料(税込):49,700円

受験地

社団法人 全日本ギフト用品協会の本部・支部ほか。詳細は公式サイトを参照してください。

難易度

合格率は公開されていません。

スケジュール

例年、年2〜3回。詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎社団法人 全日本ギフト用品協会
〒111−0042 東京都台東区寿3−15−10 ペンギンビル3F
TEL:03−3847−0691
URL:http://www.e-wrapping.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR