Webビジネスの標準知識についての試験

Webリテラシー試験(Web検定)

  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明
  • 専門技術を取得

民間資格

試験難易度 C 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

Webリテラシー試験は、株式会社ワークスコーポレーションが運営をおこなうWeb検定のひとつで、合格によりWebアソシエイト(正式名称は「社団法人全日本能率連盟登録資格Web検定 Webアソシエイト」)の資格を得られます。また、この資格の有効期限は、2年間です。
Webビジネスにおいて、異なる立場同士(発注者と制作者、デザイナーとプログラマーなど)では身につけた知識に違いがあることなどから、うまくコミュニケーションを取れないことがあります。Webビジネスに必要な標準的知識(リテラシー)を身につけることで、こうした混乱を防いでプロジェクトをスムーズに遂行できます。
なお、この検定では、プロデューサー、ディレクター、デザイナー、プログラマーというWebに関わる4つの主要職種について必要な知識を「Webリテラシー」と定義しています。

将来性

ビジネスにWebを活用する例は増えていくと予想できるため、業務の土台となるための知識は、今後より不可欠になっていくでしょう。どういった職種であっても、役立つ機会のある資格です。

職場・収入

Webの制作会社、WebサービスなどWebビジネスの関連企業のほか、広告代理店など業務の一部でWebを活用する企業も対象となります。その一方で、教育・人事といった業種、営業や販売など一見Webビジネスとは直接関係のない職種の受験者も多く、広く活躍の場があります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

コンピュータを使ったCBT方式の試験がおこなわれます。
公式のテキスト「ウェブの仕事力が上がる 標準ガイドブック1 Webリテラシー」から出題されます。試験時間は90分、出題数は85題、出題範囲は、次のとおりです。
(1)Webの基礎知識
(2)インターネットビジネス
(3)プロジェクトマネジメント
(4)Webサイトの企画・設計
(5)制作(デザイン・実装)
(6)集客施策

費用

受験料:10,800円(税込)

受験地

全国各地(J−Testingとプロメトリック テストセンター)。
詳細は、公式サイトを参照してください。

難易度

2015年度の試験結果は、次のとおりです。
受験者数 590名、合格者数 381名、合格率 64.6%

スケジュール

毎日(月曜から日曜まで)

お問い合わせ

◎株式会社ボーンデジタル
〒102−0074 東京都千代田区九段南1−5−5 Daiwa九段ビル
TEL:03−5215−8666
URL:http://www.webken.jp/

◎プロメトリック
URL:http://it.prometric-jp.com/center_map/index.asp

◎J−Testing
URL:http://j-testing.jp/Reserve/Certification/Detail/2

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR