西洋式リフレクソロジー・サロンの開業ライセンス

リフレクソロジスト(JREC認定ライセンス)

  • 専門技術を取得
  • 独立に有利
  • 健康・美を磨く

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

リフレクソロジーとは、足の裏を押すと身体の一部に変化が起きる現象を利用した療法のことです。反射療法などとも呼ばれ、大きく分けて西洋式と東洋式という2種類の系統があります。
リフレクソロジスト(JREC認定ライセンス)は、日本リフレクソロジスト認定機構(JREC)が認定する、西洋式リフレクソロジーの技能についての民間資格です。JRECではリフレクソロジストを「適切なリフレクソロジートリートメントの提供により心地良いリラクセーションを実現し、また、健康を維持するためのさまざまな知識を持ち、クライアントの心身の健康維持のアシストをする人」と定義しています。

級・レベル・上位資格

ライセンスには、レギュラー、マスター、インストラクター、トップインストラクターの4週類があります。最初のステップとなるレギュラーライセンスを取得するには、指定のカリキュラムを終えることが必要です。

職場・将来性

レギュラーライセンスを取得した人は、リフレクソロジーをおこなうサロンなどが主な職場となります。経験を積んでから開業するケースも珍しくなく、ライセンス取得者はJREC加盟サロンを開くことができます。また、開業も自宅の一室など、小さい規模からスタートできるという特徴があります。また、認定機構であるJRECでも随時求人情報を公開しています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定のカリキュラム修了などの条件が必要です。

<レギュラー/マスター>所定のカリキュラム修了、スクールの許可
<インストラクター/トップインストラクター>マスターの資格、トップインストラクターライセンス対応講座を所定数受講していること、または修了

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験あるいは実技試験が実施されます。
レギュラーライセンスでは筆記試験、マスターライセンスでは筆記試験と実技試験(口頭試問を含む)がおこなわれます。
インストラクターライセンス、トップインストラクターライセンスの試験内容は公開されていません。

費用

<レギュラーライセンス>10,000円
<マスターライセンス>【筆記試験】10,000円、【実技試験】20,000円
<インストラクター認定試験>30,000円
<トップインストラクター認定試験>30,000円

受験地

レギュラーライセンス、インストラクターライセンス、トップインストラクターライセンスの受験地は公開されていません。
マスターライセンスの試験会場は東京、大阪です。

難易度

合格率は公開されていません。受験には所定のカリキュラム修了が前提となるため、受験資格を取得するまでに時間を必要とします。

スケジュール

年3回。
レギュラーライセンス:3月・7月・11月、マスターライセンス:4月・5月・10月。レギュラーライセンスの合否通知は審査後、約3週間で郵送されます。

インストラクターライセンス、トップインストラクターライセンスは対応講座の修了状況にあわせて、随時開催しています。

お問い合わせ

◎日本リフレクソロジスト認定機構
〒171−0022 東京都豊島区南池袋1−25−9 今井ビル5F
TEL:03−5950−3211、3212
URL:http://www.jrec-jp.com/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR