警察犬を育成・訓練する専門職

公認訓練士(警察犬訓練士)

  • 専門技術を取得
  • ボランティア・救助
  • 社会に貢献

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

公認訓練士は、警察犬を訓練する技能についての民間資格で、社団法人 日本警察犬協会が実施しています。警察犬は主に犯罪捜査で活躍し、専門の訓練と試験などを経て警察犬となります。警察犬には、警察が直接飼育する直轄警察犬と、一般の犬が審査に合格して登録される嘱託警察犬の2種類があり、公認訓練士は後者の訓練をおこないます。なお、直轄警察犬の訓練士になるには、警察官になる必要があります。
公認訓練士は、訓練所などで犬(警察犬)の世話や管理をしつつ、試験科目に即した訓練をおこないます。

級・レベル・上位資格

公認訓練士には三等訓練士、二等訓練士、一等訓練士、一等訓練士正、一等訓練士長の5階級があり、それぞれ上の階級に昇格するためには所定の実務経験が必要です。なお、三等訓練士受験の前段階として、実績を作るための見習訓練士の制度もあります。

職場

警察犬訓練所が主な職場となります。訓練所で見習いをしながら試験を受け、そこで実績を重ねていくというケースも多いようです。また、警察犬訓練所では家庭犬や盲導犬のしつけもおこなうので、犬が好きな人にとっては非常にやりがいのある職場といえるでしょう。充分な実績を作ってから訓練所を設立するなど、独立・開業も充分可能です。

将来性

警察犬の訓練士は、警察犬以外の犬も訓練するため、犬の訓練・しつけという点でいえば、今後も需要のある業界といえます。また公認訓練士になるには、実務経験を必須としていることもあり時間がかかります。優秀な人材は常に必要とされているので、そのためにも高い訓練技術を身に付けることが重要です。
なお、警察犬の訓練士には資格がなくてもなることはできますが、高い技術と実績が必要とされる職域です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢や経験などの条件があります。
公認三等訓練士試験を受けるには、次の条件を満たしていなければなりません。
・協会の会員で満18歳以上であること
・訓練の経験があり、これに関係していること
・所定の訓練試験合格実績がある
詳細については公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

審査ののち、筆記試験・面接試験がおこなわれます。
見習い訓練士として実績を作るか、訓練士の養成学校で学ぶのが一般的な方法です。

費用

受験料:10,000円
受験手数料:2,000円

受験地

詳細については公式サイトを参照してください。

難易度

訓練技術を身に付け、受験資格を取得するまでに時間を必要とする資格です。

スケジュール

実施時に通知

お問い合わせ

◎公益社団法人 日本警察犬協会
〒110−0015 東京都台東区東上野4−13−7 警察犬会館内
TEL:03−5828−2521
URL:http://www.policedog.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR