急病やケガの手当対応を習得

赤十字救急法救急員

  • 専門技術を取得
  • ボランティア・救助
  • 社会に貢献

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

日本赤十字社がおこなう赤十字救急法の講習を受け、検定に合格すると与えられる民間資格です。講習の内容は、急病の手当、けがの手当(止血法、包帯法、固定法)、搬送と救護です。
全課程修了すると受講証、検定に合格すると赤十字救急法救急員の認定証を付与されます。3年の有効期間があり、資格の継続研修を受けることでさらに3年間継続できます。

将来性

スポーツの指導者や課外活動の責任者など、事故の可能性に備えた方がよい仕事、または趣味でサークル活動などにおいては、役に立つ場面も多いといえます。他の仕事へ補佐的に活用することで、信頼を深めることができるでしょう。スポーツ指導やレクリエーション関係のボランティアをやっている人も活用できる機会が多い資格です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

受講修了の条件があります。
救急法基礎講習の修了者が対象ですが、受講資格は15歳以上であるため、年齢での制限も付加されることになります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

講習内容

各種手当ての講習と検定があります。
急病の手当、けがの手当(止血法、包帯法、固定法)、搬送及び救護についての講習を受けたのち、検定があります。講習時間は12時間程度です。

費用

基礎講習:1,500円
救急員養成講習:1,700円

受験地

全国各地(日本赤十字社の各支部)

難易度

難しくはありませんが、講習にはおよそ1日かかります。

スケジュール

各支部によります。詳細は各支部の公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎日本赤十字社本社
〒105−8521 港区芝大門1−1−3
TEL:03−3437−7580
URL:http://www.jrc.or.jp/

◎日本赤十字社 講習リンク先
URL:http://www.jrc.or.jp/search/study-link/index.html

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR