ハーブを実生活で役立てる知識の試験

日本ハーブ検定

  • 実力やレベルを証明
  • ボランティア・救助
  • 生活・趣味を充実

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

ハーブとは、ヨーロッパを中心に用いられていた薬草などの総称で、生活のさまざまな場面で活用できます。NPO法人 日本ハーブ振興協会では、初心者がハーブを楽しむことを目的としたハーブ検定を実施しています。

級・レベル・上位資格

ハーブ検定に加え、ボランティアとしてハーブの知識を普及するための知識についての試験、より高度で専門的な知識についてのPAH、HFO、HAC、HFM、PIFの5種類の試験があります。

将来性

健康への関心は依然高いこともあり、ハーブについて興味をもち、気軽に楽しむ人も多いようです。ハーブには強い効能をもった種類もあるため、個人が安全に楽しむためにもこの検定は役立つことでしょう。ボランティアや趣味としても知識を利用する機会があります。より高度な知識を求めるときには、PAH、HFO、HAC、HFM、PIFなどの上位の試験を目指すことで、活用の可能性が広がります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験(選択式)が実施されます。
出題範囲は、ハーブの基礎知識、ハーブティーの基礎知識、ハーブの活用についてです。

費用

検定料:5,000円

受験地

東京、大阪

難易度

合格率は公開されていません。

スケジュール

年数回(試験の種類別)
詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎NPO法人 日本ハーブ振興協会 事務局
〒160−0023 東京都新宿区西新宿1−4−11
TEL:0120−802−459
URL:http://www.npo-nha.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR