介護事業における報酬事務のスキルの試験

介護事務管理士

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 医療・福祉で働く

民間資格

試験難易度 C 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

介護事務管理士技能認定は、技能認定振興協会が認定する民間資格です。介護サービス事業をおこなううえで発生する、介護報酬を請求するためのスキルを試験します。正確に介護報酬を計算し、介護事業を事務面からサポートする仕事です。
具体的には、関連法規の知識、介護報酬計算の技能と知識のほか、これらの業務をおこなうために必要な介護サービスの専門知識について試験します。なお、30代の受験者がもっとも多く、次いで40代、20代という順番になっています。

職場・収入

介護事業をおこなう施設や事業所が主な職場です。正社員、契約社員などとして勤務するため、収入は就職先の規定や契約内容によります。

将来性

介護関連業務は、今後とも需要が高まる分野です。この資格ひとつで大幅に評価を得られるという種類のものではありませんが、介護業界で働くことを考えるのであれば、このような客観的評価を得ておくことはキャリアアップや転職の際に考慮される項目のひとつとなり得ます。実務経験や別の特技などと併せてもつことによって、能力のアピールが可能です。将来にわたって有利に働く資格です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と実技試験があります。
【実技試験】介護給付費明細書を作成するために必要な知識
【学科試験】法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識)、介護請求事務(介護給付費単位数の算定、介護給付費明細書の作成、介護用語についての知識)

費用

受験料:5,700円(税込)

受験地

日本医療事務センターの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校など

難易度

例年50%ほどです。
2016年5月に実施された試験の結果は次のとおりです。
受験者数 1,306人、合格率 63.9%

スケジュール

例年6回
5月、7月、9月、11月、1月、3月

お問い合わせ

◎技能認定振興協会(JSMA)
〒101−8638 東京都千代田区神田佐久間町3−2ソラスト秋葉原ビル2F
URL:http://www.ginou.co.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR