医療事務技能の専門能力の試験

医療秘書技能検定

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 医療・福祉で働く

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

医療秘書技能検定は、医療秘書教育全国協議会が認定する民間の資格です。医療の現場も高度化・専門化に伴い、チーム医療が主流となっています。この資格は、事務面の専門的知識とスキルを駆使しつつ、チーム全体がスムーズに医療を遂行できるように各専門領域のスタッフとの間で連絡や調整をおこなう役割を担う人材のためのものです。

級・レベル・上位資格

1級から準1級、2級、3級と4段階があります。

職場・収入

職場は医療機関などが中心となり、収入は職場の雇用形態などによります。

将来性

医療関連施設で必要とされるスキルを証明するために役立つ資格といえます。医師や看護師をサポートし、医療機関での就職を考えている場合には、ひとつの目安となるでしょう。また、実績をもつ場合には、経験の裏付けともなり得ます。カリキュラムも同時に提供しているので、未経験者、過去に経験があり再就職を考えている人などは、最新の医療事務技能をブラッシュアップすることができます。
 希望する人の多い業務ですが、その分需要もあるため、実務経験や別の特技などと併せてもつことによって、より能力をアピールできます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
すべての級において3つの領域から出題されます。
領域I:1.医療秘書実務、2.医療機関の組織・運営、医療関連法規
領域II:医学的基礎知識、医療関連知識
領域III:医療事務
出題の難度と合格基準は級別に異なります。

費用

受験料
<1級>6,500円
<準1級>5,800円
<2級>5,100円
<3級>4,000円

受験地

全国各地(会員校での実施もある)

難易度

平成26年に実施された第51回試験の結果は以下のとおりです。
<1級>受験者数 6人 合格者数 2人 合格率 33.3%
<準1級>受験者数 367人 合格者数 108人 合格率 29.4%
<2級>受験者数 1,885人 合格者数 935人 合格率 49.6%
<3級>受験者数 4,224人 合格者数 3,055人 合格率 72.3%

スケジュール

年2回
願書受付期間は、4月上旬〜5月上旬/9月上旬〜10月上旬、試験:6月上旬/11月上旬。合格通知は試験終了後、約1か月半後に郵送。

お問い合わせ

◎一般社団法人 医療秘書教育全国協議会
〒134−0088 東京都江戸川区西葛西6−7−5 滋慶ビル2F
TEL:03−5675−7077
URL:http://www.medical-secretary.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR