ファイナンシャル・プランニング(資産形成)の国際認定資格

CFP(R)(Certified Financial Planner)

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

CFP資格は、資産形成のアドバイスをおこなう専門技能を認定する、特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会による民間資格です。この資格は、国際組織であるFPSB(Financial Planning Standards Board Ltd)とのライセンス契約をもとに実施されており、日本では唯一のファイナンシャル・プランニングの国際認定資格になっています。そのため、認定内容は国際的な共通基準に基づいています。また、2年ごとの資格更新では所定の継続教育単位が必要になります。
なお、世界24カ国・地域(2016年3月現在) で認定されており、外国での取得者は、北米在住者が中心です。

将来性

社会に対する不安が高まっているため、将来の生活設計や家計管理についての優れた指南役となれる専門家の需要は今後とも継続していくでしょう。しかし、その一方で、法律や社会状況の変化による影響を受けやすいということもあり、この資格をもつ人には幅広い専門知識が求められます。加えて実務能力やコミュニケーション能力も重要視される業務でもあります。資格取得とともに、業務をスムーズにおこなうための、これらのスキルを磨くことで評価を得られやすくなるでしょう。

職場・収入

将来の生活設計や家計管理についての優れた指南役となれる専門家の需要は今後とも継続していくでしょう。しかし、その一方で、法律や社会状況の変化による影響を受けやすいということもあり、この資格をもつ人には幅広い専門知識が求められます。加えて実務能力やコミュニケーション能力も重要視される業務でもあります。資格取得とともに、業務をスムーズにおこなうための、これらのスキルを磨くことで評価を得られやすくなるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特定の資格または大学院での単位取得が必要です。
条件は次のとおりです。
・AFP資格認定者
・協会が認定する大学院で決まった課程の単位を取得する
また、資格の認定には、試験合格に加え、CFP(R)エントリー研修修了(実務研修)、3年間の実務経験などが必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験があります。
「金融資産運用設計」「不動産運用設計」「ライフプランニング・リタイアメントプランニング」「リスクと保険」「タックスプランニング」「相続・事業承継設計」の6科目についてそれぞれ試験が実施されます。なお、合否判定は科目ごとです。

費用

受験料(税込);
【1課目】5,400円、【2課目】9,720円、【3課目】14,040円、【4課目】18,360円、【5課目】22,680円、【6課目】27,000円

受験地

札幌、仙台、東京、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、静岡、那覇

難易度

2016年度の第2回CFP(R)試験の結果は以下のとおりです。
【金融資産運用設計】受験者数 1,723名、合格者数 599名、合格率 34.8%
【不動産運用設計】受験者数 1,520名、合格者数 557名、合格率 36.6%
【ライフプランニング・リタイアメントプランニング】受験者数 1,619名、合格者数 527名、合格率 32.6%
【リスクと保険】受験者数 1,835名、合格者数 725名、合格率 39.5%
【タックスプランニング】受験者数 1,639名、合格者数 587名、合格率 35.8%
【相続・事業承継設計】受験者数 1,774名、合格者数 667名、合格率 37.6%

スケジュール

年2回(6月、11月)
6月試験:出願期間4月上旬〜中旬、結果通知7月中旬
11月試験:出願期間9月上旬〜下旬、結果通知12月中旬〜下旬

お問い合わせ

◎特定非営利活動法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会 試験業務部試験事務課
〒105−0001 東京都港区虎ノ門4−1−28 虎ノ門タワーズオフィス5F
TEL:03−5403−9900(土・日・祝日を除く9:00〜17:30)
URL:http://www.jafp.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR