ペットの愛護と管理を指導・推進する

愛玩動物飼養管理士

  • ボランティア・救助
  • 専門技術を取得
  • 学校、講習等で取得

公的資格

試験難易度 C 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

愛玩動物飼養管理士は、公益社団法人 日本愛玩動物協会が講習・試験を実施する公的な資格です。
愛玩動物(ペット)が家族の一員として愛されることはごく一般的になっていますが、同時に正しく飼うための知識不足などのためのトラブルも増えています。この資格は、動物愛護、病気の予防、さまざまな動物の飼育管理・しつけなどを指導・推進する人材の育成を目的としています。

級・レベル・上位資格

1級管理士と2級管理士の2種類があります。

職場・収入

ペット関連業界が主な職場となり得ます。キャリアアップやスキル向上の一助になるでしょう。収入は就職先の規定や契約内容によります。

将来性

ペットに関わる問題は増えており、問題解決に向けて潜在的に需要はあります。ペット業界に携わる人が取得すれば、専門的な知識を示す証となり、雇用主から評価を受けることが期待できます。また、ペットシッターなどとして独立する場合には、お客様に安心感を与えることができる資格です。
このほか、ペット関連のボランティアや活動をおこなっている場合には、この知識が役立つことがあります。その他、犬や猫の多頭飼いをしている人は、このような知識が日常的に必要となるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢と法令に関する条件があります。
18歳以上かつ動物関係法令に違反して罰金以上の刑を受けたことがないことが条件です。
また、所定の教育課程ののち、認定試験となります。
ただし、1級を受けるには、2級の取得が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

それぞれ、1級・2級の教育課程(通信教育)ののち、認定試験を受けます。
受講内容は以下の通りです。
<1級管理士>
動物関係法令、動物の行動と社会、犬と猫の栄養学、動物の疾病とその予防、動物の飼養管理と公衆衛生
<2級管理士>
愛玩動物飼養管理士の社会活動、動物愛護論I、人と動物の関係学、動物関係法令概説、動物の飼養管理(総論、犬と猫の飼養管理)、動物の飼養管理(その他哺乳類・鳥類・爬虫類の飼養管理)、動物のしつけ

受験地

スクリーニング(講習会)
春期:全国主要都市
夏期:東京・愛知・大阪・福岡

試験
春期:全国主要都市
夏期;北海道・岩手・宮城・群馬・東京・愛知・大阪・広島・香川・福岡

難易度

2015年度試験の結果は以下のとうりです。
<1級>受験者数 1,521人 合格者数 1,203人 合格率 79.1%
<2級>受験者数 6,355人 合格者数 5,109人 合格率 80.4%
<準2級>受験者数 661人 合格者数 474人 合格率 71.7%

スケジュール

年2回(春期、夏期)
スクリーニング 春期、6月〜9月、夏期、10月〜11月
認定試験 春期、12月(28年度から11月)、夏期、2月

お問い合わせ

◎公益社団法人 日本愛玩動物協会
〒160−0016 東京都新宿区信濃町8−1
TEL:03−3355−7855
URL:http://www.jpc.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR