国際公務員を目指す人の登竜門

JPO派遣候補者選考試験

  • 公的機関への就職
  • 国際業務に有利
  • 社会に貢献

採用試験

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 大学院修士以上 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

JPO(Junior Professional Officer)は、将来国際公務員を目指す若者を対象にした派遣制度です。派遣期間は2年で、国際機関での経験を積むことにより、国際公務員としての正規登用を目指すことができます。ただし、期間終了後にそのまま公務員として継続雇用されるとは限りません。派遣される機関は外務省が取り決めをしている国際機関です。業務内容は、個人の経歴や技能によって決定されます。

将来性

国際機関への就職を目指している人にとっては、ステップアップとして有効な手段です。そのまま、派遣先の機関に正規登用されるケースも、もちろんあります。

職場・収入

外務省が取り決めをしている国連開発計画(UNDP)、国連児童基金(UNICEF)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などが職場となり、多くは各機関の現地事務所となります。派遣地域は世界各国です。給与は国際公務員の規則に従って支払われ、「P2レベル」(若手職員と同じ格付)になります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢と学歴、実務経験など複数の条件があります。
・募集年度の4月時点で35歳以下であること
・募集機関に関連する分野もしくは募集の専門分野について大学院修士課程を修了していること
・上記分野を扱う職種で2年以上の実務経験があること
・英語またはフランス語での業務が可能なレベルであること
・日本国籍をもっていること
・今後、長期的に国際機関で働く意志があること

また、上記に該当していてもすでに派遣制度の経験がある人などは対象外となります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

審査内容

一次審査と二次審査があります。
募集機関と専門分野は、年度によって変わります。
【一次審査】書面審査(さらに語学審査がおこなわれることもあります)
【二次審査】面接審査、英語の筆記試験

受験地

東京

難易度

募集条件に学歴、年齢、実務経験、語学があげられているため、この条件をすべて満たすことに、まずハードルがあります。さらに合格率も一桁とかなりの難関です。
2015年度の応募者数と派遣者数は次のとおりです。
応募者数301名、派遣者数63名
(外務省枠47名、国際機関選考枠(UNDP)11名、国際機関選考枠(WFP)5名)

スケジュール

年1回
応募期間:4月上旬〜5月中旬、一次審査結果:6月中旬〜下旬、二次審査:7月下旬〜8月中旬、二次審査結果:9月中旬〜下旬。審査結果は電子メールにて通知されます。

お問い合わせ

◎外務省国際機関人事センター
〒100−8919 東京都千代田区霞が関2−2−1
TEL:03−3580−3311(内線2841)
URL:http://www.mofa-irc.go.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR