将来は気象庁の幹部候補生に

気象大学校

  • 公的機関への就職
  • 専門技術を取得

採用試験

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 高卒程度以上 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

気象大学校では、将来、気象庁の幹部候補生となるために、気象に関する専門的知識、技術などについて4年間学びます。
試験合格者は、採用候補者名簿に1年間掲載され、本人の意向調査などを経て、最終的に入校者が決定されます。
卒業後は、気象庁または全国各地の気象台などに配属され、観測、調査、予報および研究などの気象業務に従事します。

職場・収入

地方の技術部門に配属され、気象、地震・火山、海洋等の観測、予報、防災、調査、技術開発等の業務に従事します。
その後、本庁、管区等で気象行政の企画、立案あるいは各省庁との協議・調整の職務および調査、研究に従事することが多いようです。
気象大学校に入校すると毎月約14万円の給与が支給されます。このほか、諸手当があります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

一定の学歴が必要です。
受験年度4月1日時点で高等学校または中等教育学校を卒業した日の翌日から2年経っていること、翌年3月までに高等学校または中等教育学校を卒業する見込みであること、など。
ただし、日本国籍がない、国家公務員法38条に相当するといった場合、試験は受けられません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

一次試験と二次試験が実施されます。
【一次試験】
・基礎能力試験(多枝選択式)
・学科試験(多枝選択式。数学、物理、英語)
・学科試験(記述式。数学、物理、英語の各試験)
・作文試験

【二次試験】
・人物試験/身体検査

費用

採用試験であるため、受験料はありません。

受験地

【一次試験】
札幌市、仙台市、東京都、新潟市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、鹿児島市、那覇市
【二次試験】
札幌市、仙台市、東京都、大阪市、福岡市、那覇市

難易度

2015年度気象大学校学生採用試験の結果は以下のとおりです。
申込者数 432名、合格者数 37名

スケジュール

年1回
申込受付期間:8月末〜9月初旬、一次試験:11月、二次試験:12月、合格発表:1月

お問い合わせ

◎気象大学校
〒277−0852 千葉県柏市旭町7−4−81
TEL:04−7144−7185
URL:http://www.mc-jma.go.jp/mcjma/index.htm

◎人事院 国家公務員試験 採用情報NAVI
URL:http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR