家電や携帯電話のシステムを開発する専門スキル

エンベデッドシステムスペシャリスト

  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明
  • 専門技術を取得

国家資格

試験難易度 A 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

日常生活で使用する家電、自動車、携帯電話など身近な機器のなかにもコンピュータシステムは組み込まれています。これらのシステムは「冷蔵庫の温度を管理する」「通話をおこなう」など特定の機能を実現するために用意されているもので、「組み込みシステム(エンベデッドシステム)」と呼ばれます。最近では、デジタル家電の登場などもあり、これらのシステムを開発する現場でも仕組みの高度化・複雑化が進んでいます。
エンベデッドシステムスペシャリストとは、こうした組み込みシステムに関する幅広い知識があり、最適なシステムを開発するなど、設計から製造などの場面で中心となって働くことができる専門家です。
学習のみで取得することも可能ですが、実際に組み込みシステム開発業務での主導的役割と果たすことを求められるため、スキルの背景として業務実績を期待されます。

将来性

エンベデッドシステムスペシャリストを含む「情報処理技術者試験」は最新のIT事情に沿った試験となるよう、過去に何度も見直しがされています。IT関連業務の需要は今後とも確実に存在することもあり、取得によって一定の評価を受けられます。実績とともに資格を取得していれば、常にニーズのある仕事です。
また業界需要が一定以上存在する業種でもあるので、転職にも有利です。

職場・収入

家電などの組み込みシステムの開発をおこなう企業の社員などとして活躍します。実績を求められる業務なので、経験を積みつつ、スキルアップやキャリアアップを目指して取得するケースが多いようです。職場によっては、取得によって資格手当が加算されることもあります。収入面では優遇されることが多いようです。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験は午前(多肢選択式)と午後(記述式)にわかれています。
試験範囲:
午前 コンピュータシステム、技術要素、開発技術
午後 組込みシステムの設計・構築に関すること、組込みシステムのソフトウェア設計に関すること、組込みシステムのハードウェア設計に関すること

費用

受験料(税込):5,700円

受験地

全国各地

難易度

「情報処理技術者試験」のなかでも「高度情報処理技術者」に区分され、取得が難しい資格です。最新の合格率は以下のとおりです。
2017年度春期 受験者 3,394名、合格者 607名、合格率 17.9%

スケジュール

年1回
春期(4月)、申込期間1月下旬〜2月下旬、合格発表6月中旬

お問い合わせ

◎独立行政法人情報処理推進機構 情報処理技術者試験センター
〒113−8663 東京都文京区本駒込2−28−8 文京区グリーンコートセンターオフィス15F
TEL:03−5978−7600(代表)
URL:https://www.jitec.ipa.go.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR