ITビジネスの基礎力を測る検定試験

マルチメディア検定

  • 就職・転職に有利
  • 教養を豊かに
  • これから有望

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

コンピュータや周辺機器、インターネット、デジタルコンテンツ、携帯電話、知的財産権、マルチメディアの社会応用などに関する幅広い知識をテストする検定試験です。マルチメディアやITの業界で新しいビジネスを企画したり、運営したりするための基礎的な知識を身につけるチャンスとして活用できるでしょう。

級・レベル・上位資格

ベーシックとエキスパートの2種類があります。ベーシックでは、マルチメディアの扱い方とインターネットを用いたコミュニケーション技術に関する基礎的な理解と、多様な生活の場面で知識を利用する能力を測ります。エキスパートでは、マルチメディアを用いたネットワーク技術・コミュニケーション技術・プレゼンテーション技術についての専門的な理解と、Webサイトやシステム、製品開発のビジネスに知識を応用する能力を測ります。

職場

マルチメディア、インターネットビジネスなどのIT関連企業で、商品企画、営業、マーケティング、Webサイトの運営、コンプライアンス、知的財産権などの仕事をするために必要な素養が身につきます。

将来性

ITが社会の隅々まで浸透しているいま、マルチメディアの扱い方や、インターネットを介したコミュニケーション技術の知識は、現代人にとって必要不可欠のものになってきています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

マークシート試験がおこなわれます。
試験の出題範囲は次のとおりです。
<ベーシック>
マルチメディアの特徴/マルチメディアの中核をなすディジタル端末/コンテンツ制作のためのメディア処理/インフラとして定着したインターネット/インターネットで提供されるサービス/急速に伸びるネットビジネス/マルチメディア端末へと進化する携帯端末/家庭のマルチメディア化/日常生活に広がるマルチメディア/ネットワークセキュリティと知的財産権
<エキスパート>マルチメディアの基礎/メディアの処理技術/コンピュータとインターネット/コンテンツ制作とプログラミング/Webサイト構築と運用/生活を豊かにする道具/インターネットの応用/マルチメディアとIT社会

費用

検定料:
<ベーシック>5,500円
<エキスパート>6,600円

受験地

46都道府県

難易度

2016年度(前期)の試験の結果は以下のとおりです。
<ベーシック>応募者数 782名、合格率 75.1%
<エキスパート>応募者数 555名、合格率 34.8%

スケジュール

年2回(7月中旬、11月下旬)
7月試験:出願期間4月上旬〜6月上旬
11月試験:出願期間9月上旬〜10月中旬
合否通知は検定日より約60日後

お問い合わせ

◎CG-ARTS協会
〒104−0061 東京都中央区銀座1−8−16 銀座アスタービル3F
TEL:03−3535−3501
URL:http://www.cgarts.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR