Webサイトの企画・制作ができるデザイナーの能力を認定

Webデザイナー検定

  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明
  • 在宅・パートタイム向き

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

Webデザイナーは、インターネットのWebサイトで使われるHTMLページをデザインする仕事です。PRサイトや公式サイトなど、目的に合わせた配色や機能をデザインするほか、必要に応じて画像や動画を作成したり、簡単なプログラミングをおこなうこともあります。
この検定は、インターネットの各種Webサイトのデザインにおいて、一定の条件(コンセプト・日程・予算など)のもとに、企画・プレゼンテーション・制作・テスト・評価運用をおこなう能力を測るものです。Webデザイナーの能力のレベルを示す試験として、Web制作の現場で評価されています。

級・レベル・上位資格

Webデザイナー検定は、<エキスパート>と<ベーシック>2ランクがあります。

職場・収入

大掛かりなWebサイトの制作となると、分業制で仕事がおこなわれます。Webデザイナーのほか、予算管理などプロジェクト全体を総括するWebプロデューサー、進行を管理するWebディレクター、全体像を企画するWebプランナー、検索機能や暗号化処理などのプログラミングもおこなえるWebプログラマー、Webデザイン専用のプログラミング言語を駆使して文字や写真などの入力をおこなうコーダーといった仕事に分かれています。

将来性

Webデザインは、多くの人にとって見やすさ・利用しやすさと楽しめるデザインであることに加え、機能的であることが求められます。Webデザイナー検定の<ベーシック>に合格すれば、Webデザイナーとして就職するチャンスにつながり、さらに経験を積んでからより上位の<エキスパート>に合格すれば、プロとしての評価が高まり、ステップアップできるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。

<ベーシック>
Webサイトの企画・制作・デザインに関する基礎的な理解と、Webページ制作に知識を利用する能力を測ります。
出題範囲:Webデザインへのアプローチ/Webデザイン/Webページを実現する技術/技術の基礎/知的財産権/データフォーマット

<エキスパート>
Webサイトの企画・制作・運用に関する専門的な理解と、Webサイトのデザインに知識を応用する能力を測ります。
出題範囲:Webデザインへのアプローチ/コンセプトメイキング/情報の構造/インターフェースとナビゲーション/動きと音の効果/Webサイトを実現する技術/Webサイトのテストと運用/知的財産権

費用

検定料:
<ベーシック>5,500円
<エキスパート>6,600円

受験地

46都道府県

難易度

2016年の前期試験の結果は以下のとおりです。
<ベーシック>受験者数 692名 合格者数 67.8%
<エキスパート>受験者数 436名 合格者数 24.8%

スケジュール

年2回(7月・11月)
出願期間:4月初旬〜5月末頃・9月初旬〜10月中旬

お問い合わせ

◎CG−ARTS協会
〒104−0061 東京都中央区銀座1−8−16 銀座アスタービ3F
TEL:03−3535−3501
URL:http://www.cgarts.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR