英語で国際会計に対応できる能力の評価

BATIC(国際会計検定)(R)

  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利
  • 国際業務に有利

公的資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

BATICとは「Bookkeeping and Accounting Test for International Communication」の頭文字を取ったもので、「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト」として東京商工会議所が実施する試験です。
国際ビジネスの共通語となっている国際会計のスキルを英語で身につけることを目的としています。試験はすべて英文で出題されます。

級・レベル・上位資格

点数によって理解度を把握できるスコア制です。スコアの点数により、それぞれ異なる称号が付与されます。
コントローラーレベル(Controller Level):880〜1000点
アカウンティングマネジャーレベル (Accounting Manager Level) :700〜879点
アカウンタントレベル(Accountant Level) :320〜699点
ブックキーパーレベル(Bookkeeper Level) :200〜319点
また、コントローラーレベルとアカウンティングマネジャーレベルには認定期間があり、更新制による理解度のチェックがあります。

将来性・職場

仕事上、海外取引企業の財務報告書を見る機会が多い人や、財務・経理関連でスキルアップしたい人、自分の国際会計スキルを客観的に証明したい人などに向いています。また、高校・大学や専門学校で簿記・会計を学んでいる学生や、将来、英語力を活かして仕事をしたいと考えている学生にも適しています。なお、日商簿記・英検、TOEICの受験者や有資格者などで、BATICを受験するケースもあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
出題は、マークシート方式による選択問題および記述問題です。
試験結果の合否ではなく、1,000点満点のスコア制で受験者全員に点数の認定を行います。
【Subject1(英文簿記)】400点(必須)
【Subject2(国際会計理論)】600点(受験者のレベルに応じて任意)

費用

受験料(税込):
10,150円(すべて)/5,400円(Subject1のみ)/7,990円(Subject2のみ)

受験地

全国
詳しくは公式サイトを参照してください。

難易度

2015年度の認定者数は次のとおりです。
受験者数 2,918名
<ブックキーパーレベル>906名
<アカウンタントレベル>1,315名
<アカウンティングマネジャーレベル>318名
<コントローラーレベル>43名

スケジュール

年2回。
7月下旬と12月中旬に実施されます。
7月試験 申込登録期間5月上旬〜6月中旬、成績票発送日8月下旬
12月試験 申込登録期間10月上旬〜11月上旬、成績票発送日1月下旬

お問い合わせ

◎東京商工会議所
〒100−0005 千代田区丸の内2−5−1 丸の内二丁目ビル
TEL:03−3989−0777(除:土日・祝日・年末年始、10:00〜18:00)
URL:http://www.kentei.org/batic/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR