ネットワーク技術者としての高度な実力を認定

シスコ技術者認定

  • 実力やレベルを証明
  • 就職・転職に有利
  • これから有望

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

シスコ技術者認定は、ネットワーク専門技術者や、その管理者の実力を認定する民間の試験です。なお、シスコとは、アメリカに本社を置く大手コンピュータネットワーク機器メーカーのシスコシステムズのことで、業務用のネットワークを構築するときに必要な各種機器を開発している、代表的なメーカーのひとつです。
自社の製品についてのスキルを認定するベンダー試験の一種で、IT業界では広く認知されています。特定の技術レベルを証明するため目安として、安定した評価を得ている試験です。
認定分野(認定トラック)はコラボレーション、データセンター、デザイン、ルーティング & スイッチング、セキュリティ、サービスプロバイダー、ビデオ、ボイス、ワイヤレスです。

級・レベル・上位資格

認定には5レベルがあります。
・エントリーレベル
・アソシエイト
・プロフェッショナル
・エキスパート(CCIE/CCDE)
・アーキテクト(最上級レベル)

各認定分野のいずれかのレベルを選んで受験することになります。

職場・収入

ネットワーク技術の高度化に伴い、数年おきに認定制度や研修プログラムの内容がバージョンアップされ、専門分野の試験が追加されることもあるので、資格取得後も継続学習によるステップアップが必要です。プロフェッショナルレベルのシスコ技術者認定の有効期限は3年間となっています。期限が切れる前に上位資格の認定を受けるか、再認定が必要になります。

将来性

アソシエイトレベルに合格してから経験を積み、プロフェッショナルレベルに挑戦します。アソシエイトが初歩的な試験であるのに対し、プロフェッショナルは難度が高い上級試験で、大規模な企業内ネットワーク(イントラネット)やインターネットのサービス運用に必要なシステムの構築・管理・運営ができる能力を証明できます。
IT関連業界のほか、国内および海外にネットワークをもつ大企業で、ネットワーク技術者として活躍するには、プロフェッショナルやその上位にあたるエキスパートを取得していると有利です。ネットワークのデザインや運用、保守にかかわるシステムエンジニア、ネットワークエンジニア、セキュリティエンジニア、サーバエンジニア、運用オペレータ、カスタマエンジニアなどのIT関連職種でキャリアアップするには、取得しておくと役立つ資格です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、上位レベルを受験するには、下位レベルの試験合格が前提となっている試験があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

コンピュータを使った筆記試験です。
多くは多岐選択式ですが、記述試験をおこなうものもあり、試験内容はレベルや分野によって異なります。

費用

受験料は試験によって異なります。詳細は公式サイトを参照してください。

受験地

全国主要都市にあるピアソンVUEテストセンターにておこなわれます。

難易度

合格率などのデータは公開されていません。

スケジュール

試験の日程、会場については、ピアソンVUE試験センターへ問い合わせてください。

お問い合わせ

<認定制度について>
◎シスコシステムズ 東京本社
〒107−6227 東京都港区赤坂9−7−1 ミッドタウン・タワー
TEL:03−6434−6500
URL:http://www.cisco.com/web/JP/event/tra_ccc/ccc/certprog/paths/home.html

<試験について>
◎ピアソンVUE
URL:http://www.vue.com/japan/
フリーダイヤル:0120-355-583/0120-355-173

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR