印刷物やWebコンテンツ向けに個性を活かしたイラストを描く

イラストレーター

  • 専門技術を取得
  • 生活・趣味を充実
  • 就職・転職に有利

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 本文等ご参照下さい
学歴 学歴不問 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

イラストレーターは、出版社の編集者や、印刷会社・広告会社の制作担当者から発注を受け、制作目的に合うイラストレーション(イラスト)を納期までに仕上げて納品します。Webサイト、雑誌、単行本、ポスター、チラシ、パンフレットなど、イラストレーションを載せる媒体(メディア)はさまざま。イラストレーターは、自分の個性を発揮しつつも、メディアの製作意図に合う作品を仕上げることが重要なポイントになります。雑誌などの出版物であれば本文の内容とのバランス、ポスターなどの広告制作物であれば、キャッチコピーとのバランスが大切です。そのため、製作意図の理解力、読解力が求められる仕事です。
人物やスポーツもの、魚類や動物、昆虫、あるいはメカニックなものを得意とする人など、自分の得意分野を持っている人がほとんどです。イラストレーターになるのに、資格は特別に必要ではありませんが、中にはデザイン学校などでイラストレーションやデザインの基礎を学んでからプロデビューする人もいます。イラストレーターとして認められるには、基本的な表現技術に加え、独自のタッチや際立つ個性が必要です。

職場・収入

イラストレーターを専業で続けていくには、自分の作風が飽きられないように、常に新しい技法や感性を取り入れていく努力が不可欠です。映画、演劇、音楽、絵画、写真、文学など、さまざまな芸術作品に触れて感性を磨き続けることが大切です。
Webサイトや電子書籍、スマートフォンアプリなど、紙媒体からデジタルコンテンツへの移行が進む中で仕事を減らさないためには、CGやDTP、三次元CADなどの最新技術を身につけることも必要になってきています。
また、特殊な分野として、工業製品の取り扱い説明書の中に機械の構造などを正確に描いたり、医学書などに人体の構造や、細胞レベルの仕組み、病原菌やがん細胞の動きなどをイメージ・イラストとして描くテクニカルイラストレーションの仕事があり、CADソフトやCGなどを使いこなす特殊技能が求められます。

将来

イラストレーターになるには、自分の作品を出版社や広告代理店などに持ち込みしたり、イラストレーションのコンテストや展示会に作品をエントリーしたり、仕事のあっせんをおこなう機関に登録したりすることがチャンスにつながります。
デザイン会社や編集プロダクションといったマスコミ関係の会社に勤務するケースはわずかで、多くの人はフリーランサーとして活躍しています。最初は有名なイラストレーターに弟子入りする人や、マスコミ関係の会社で数年経験を積んでから独立する人もいます。また、アニメーターおよびマンガ家等と兼業するケースもあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

資格などは特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

美術系の大学やデザインを学ぶ専門学校で、イラストレーションやデザインの基礎を学べます。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR