各種の雑誌記事や広告などの写真撮影を手がける

カメラマン

  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得
  • 生活・趣味を充実

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

カメラマンは、フォトグラファーあるいは商業写真家とも呼ばれます。仕事のジャンルは、広告・宣伝用の写真と、報道や記録用の写真に分けられます。
ほとんどのカメラマンは、それぞれに得意とする専門分野を持っています。人物、ファッション、スポーツ、芸能、化粧品・自動車・コンピュータなどの工業製品、建築、インテリア、料理、観光地、山岳、自然の風景、動物、ブライダル、イベントなど。事故、事件、災害、紛争などを取材する報道写真家(フォトジャーナリスト)もいます。
広告・宣伝用の写真などは専門のスタジオ内で撮影することが多く、照明の当て方も重要な仕事のひとつです。ファッションについての写真ではメークアップアーティストやスタイリスト、モデル、雑誌編集者との共同作業になります。モデルをリラックスさせて、自然な表情を引き出すといったコミュニケーション能力も必要になります。また、化粧品などの工業製品の写真では、照明のほか、製品の配置、角度、並べ方、背景などについてのセンスも求められます。また、近年では、撮影後の画像をフォトショップ(画像編集ソフトウェア)で調整したり、加工をおこなうなどデジタル処理の技術も求められます。

職場

新聞社や出版社、編集プロダクション、デザイン会社、フォトスタジオに所属するカメラマンもいますが、大半はフリーランスであり、新聞社、出版社、広告会社、デザイン会社などから仕事を請け負っています。有名カメラマンの助手として経験を積んでから独立する人もいます。

将来

高性能のデジタルカメラの普及で、アマチュアでも上手に撮影できるようになるにつれ、プロのカメラマンにはますます高度な専門性が要求されるようになってきました。報道やスポーツ、風景、旅行など、野外で活動するカメラマンには機動力や、シャッターチャンスを逃さない探究心などが求められます。また、スタジオ撮影をメインとするカメラマンには、演出力や、他の専門家とのコミュニケーション能力がますます重要になってきています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

なるには

特に資格や免許は必要ありませんが、大学や専門学校で写真撮影のテクニックや編集技術を学んでおくと、就職に有利になります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

必要な知識・スキル

大学や専門学校の写真関連のコースでは、下記のような知識・スキルを学びます。
・写真芸術論、写真の歴史、写真の科学
・編集・出版の知識、ドキュメンタリーの知識、広告理論
・取材実習、写真表現実習
・フォトショップやイラストレーターなどデジタルツールの技術習得

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR