ポスター、チラシなどの画像をデザインする

グラフィック・デザイナー

  • 高収入も可能
  • 専門技術を取得
  • 独立に有利

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

どんな資格・仕事

イラストや写真などの画像、タイポグラフィなどを組み合わせてグラフィック作品を制作するプロフェッショナルをグラフィック・デザイナーといいます。仕事の範囲は、ポスター、チラシ、カタログ、新聞広告、DM、商品パッケージなど多岐にわたります。グラフィック・デザイナーは、その感性や技術を基に、発注者やディレクターの希望にかなった作品を作り出さなければなりません。また、デザインだけでなく、クライアントとの打ち合わせ、写真撮影、印刷所への発注など、さまざまな仕事もこなさなければならない場合もあり、働く場所や勤務形態によって仕事の範囲も変わってきます。

グラフィック・デザイナーになるために、特に資格は必要ありませんが、その分、才能や経験実績が重要視される、実力の世界だといえるでしょう。

将来

デザインに対するニーズは高く、将来性のある分野です。デザイナーとして経験を積み、広告企画のトップとして、デザイナー、スタイリスト、カメラマンなどに指示を与え、現場のマネジメントを行うアートディレクター、クリエイティブディレクターなどを目指すことも可能です。
ただし、常に卓越したセンスを求められる仕事であり、デザイナーとして生き残り、長く活躍していくのは、容易なことではありません。

職場

グラフィック・デザイナーの職場には、デザイン事務所、広告制作会社、出版社、印刷会社などがあります。
他にメーカーや企業でも、社内の広報部などにグラフィック・デザイナーを雇用している場合があります。デザイン事務所などで経験を積んだのち、フリーのグラフィック・デザイナーとして独立する人もいます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特に資格は必要としませんが、美術系の大学や専門学校などで、デザインやレイアウトなどを総合的に学ぶ方が、技術を磨く早道であり、就職にも有利です。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR