ゲームの創造を通じてエンターテインメントを提供

ゲームクリエイター

  • 高収入も可能
  • 専門技術を取得

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

ゲームの制作全般に関わる人材のうち、企画や構成などの根幹部分を担当する人を「ゲームクリエイター」といいます。
担当分野によりシナリオライター、グラフィッカー、サウンドコンポーザー、プログラマーなどに分かれており、さまざまな名称で呼ばれます。
通常、ゲームの不具合を発見する作業を専門におこなう人(デバッカー)や試験をする人(テスター)などは、ゲームクリエイターには入りません。

ゲームには、家庭用のほか、業務用、パソコン用、タブレット型コンピュータ用、スマートフォン用など、媒体によって種類があります。
また、アドベンチャーやクイズ、RPG、シミュレーションなどゲーム内容によっても、さまざまな種類があります。
これらのゲームのなかには、映画並の映像を用いて複雑なストーリーを繰り広げるものもあり、制作には、多種多様な要素が必要とされ、各分野に秀でた人材がそれぞれ担当し、一大プロジェクトとして進行します。

その一方でスマートフォンアプリなどの手軽なゲームについてはそこまでの人数は必要なく、場合によっては1人で製作することも可能です。
その場合でも、同じくゲームクリエイターといいます。

職場・収入

多くはゲーム製作会社に就職し、企業の一員としてプロジェクトに従事します。
就職に資格などは特に必要ありませんが、専門学校や各種学校にある養成学科やコースを卒業し、就職する方法がスムーズです。
また大学を卒業してゲームメーカーに就職し、ゲーム製作関連の部署へ配属される場合もあります。

将来性

ゲーム業界は比較的新しい業界で、国内に留まらず海外という広い市場が存在する一方で、ゲームをプレイする機器など媒体の変化のほか、目まぐるしい技術の進歩の影響を受けやすい面があります。しかし、常に新しい流行が生まれている分野でもあります。
また、どのようなゲームを製作するのかにもよりますが、独立し自分の会社を設立ということも夢ではありません。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありませんが、希望の職種に就けるかどうかは、就職する会社での人事によってしまう面があります。
就職活動を成功させるためにも、専門学校や各種学校などで事前に実力を磨くことも重要です。
学校によって個性があるので、就職率や特性を踏まえて学校選びをすることが、まずはポイントとなるでしょう。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR