広告プランをたて、文章を考えるスペシャリスト

コピーライター

  • 高収入も可能
  • 専門技術を取得

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

どんな資格・仕事

商品や企業の広告や、自治体や団体の広報のために、文章を作成するのがコピーライターの仕事です。
コピーライターは、クライアントの意図を理解し、新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、テレビCM、ラジオCM、ウェブサイトやバナー広告などに使用する文章を考え出します。近年では、ただコピーを書くだけでなく、販促のプランをたてたり、プレゼンテーションを行ったり、広告全体のディレクションを求められる機会も増えてきました。特にフリーランサーや大手広告会社のコピーライターには、ディレクターとしてのスキルも要求されるので、マネジメント能力やコミュニケーション能力、幅広い知識などが求められます。
コピーライターになるために、免許や資格は特に必要ありませんが、未経験からいきなりコピーライターとして生活していくのは難しいでしょう。資格試験は実施されていませんが、マーケティング専門誌『宣伝会議』による「宣伝会議コピーライター養成講座」など、各種講座は開催されています。

職場・収入

コピーライターの需要は安定しており、求人情報誌などにおいてもこの手の求人は絶えることがありません。
ただし、実力が重視される仕事なので、コピーライターとして活躍していくことは、容易ではありません。
運良く広告関係の仕事に就職できたとしても、厳しい環境に挫折する人もいるのが現実です。
それだけに、成功すれば高い収入、高い社会的評価を得ることも可能です。

将来性

広告制作会社や広告代理店に就職するのが一般的ですが、中にはフリーランスで活躍する人もいます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

コピーライターになるために、免許や資格は特に必要ありません。
広告制作会社に入社して、実務経験を積んでいくのが一般的です。
また、「宣伝会議 コピーライター養成講座」などの養成講座で学びながら情報収集するのも有効な方法です。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR