ゲーム感覚で日本語能力に磨きをかける

日本漢字能力検定

  • 実力やレベルを証明
  • 教養を豊かに
  • 就職・転職に有利

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

漢検(日本漢字能力検定)は、漢字能力を測定する検定です。級の設定は12段階に分かれており、自分に合った級から初めてステップアップできます。受験者の年齢は3歳から101歳と幅広く、生涯学習としても注目されています。
大学・短大、専門学校の学生は、就職のときの一般常識テストの対策や、履歴書・職務経歴書といった応募書類や論作文を書くときの準備として活用しています。パソコンのワープロ機能で文書を作成するのが当たり前の時代とはいえ、同音異義語の中から適切な漢字を選んだり、単調でなく表現力豊かな文章を作成したりするには、漢字の読み書きや意味、使い方についての確かな知識が求められます。

級・レベル・上位資格

10級から1級まで、準2級と準1級を含めて全部で12のランクに分かれています。2級が高校卒業程度で、準1級、1級が大学生および社会人のランクとなっています。1級は「常用漢字を含めて、約6,000字の漢字の音・訓を理解」できる漢字マニアのレベルとされています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
各級の程度は以下のとおりです(一例)。
<1級>大学・一般程度(約6000字)
<準1級>大学・一般程度(約3000字)
<2級>高校卒業・大学・一般程度(2136字)
<準2級>高校在学程度(1940字)
<3級>中学校卒業程度(1607字)
<4級>中学校在学程度 (1322字)

費用

検定料:
<1級>5,000円、<準1級>4,500円、<2級>3,500円、<準2、3〜4級>各2,500円、<5〜7級>:各2,000円、<8〜10級>各1,500円

受験地

全国各地の会場ほか海外でも実施

難易度

2016年度第2回試験の結果は次のとおりです。
<1級>受験者数 1,180名、合格者数 144名、合格率 12.2%
<準1級>受験者数 4,234名、合格者数 657名、合格率 15.5%
<2級>受験者数 51,799名、合格者数 11,276名、合格率 21.8%

スケジュール

年3回
試験:6月〜7月、8〜11月、1〜2月(例年)、合格発表:検定実施の40日後くらいを目安に郵送

お問い合わせ

◎公益財団法人 日本漢字能力検定協会
〒605−0074 京都府京都市東山区祇園町南側551
TEL:075−757−8600
URL:http://www.kanken.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR