紅茶の正しいいれ方や伝統文化、マナーを伝える

ティーインストラクター

  • 実力やレベルを証明
  • 生活・趣味を充実
  • 伝統芸能・技能

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

ティーインストラクターは、日本紅茶協会が認定する民間資格で、紅茶をおいしくいれる方法や、紅茶の文化、製造法、紅茶のマナー、紅茶を中心としたパーティーの開き方などの知識を伝える専門家のことです。日本紅茶協会が主催する養成研修を1年間受講し、規定の単位を履修した後に、資格認定試験に合格すれば取得できます。

級・レベル・上位資格

ジュニア、シニア、マスターの3段階があります。

職場・収入

紅茶を扱う商社、専門店などの商品企画や販売の仕事をする人にとって、ティーインストラクターの知識は大いに役立つでしょう。また、自宅で紅茶教室を開いたり、ティーショップを開くなど独自に資格を生かしている人も多いようです。シニア以上の資格を取得すれば、日本紅茶協会が主催する資格認定に関わる講座の講師を勤めることもできます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

日本紅茶教会が定める所定の単位などが必要です。
また、シニア以上は実務経験、その他条件が必要です。

以下は試験合格に加え、資格認定に必要な条件です。
<ジュニア>33単位(年間)
<シニア>ジュニアの資格を取得した後、5年間以上の実務経験、日本紅茶協会が定める受験資格(海外研修を含む)
<マスター>シニアの資格を取得し、10年以上の実務経験、日本紅茶協会の資格認定委員会で、その人格、識見、並びに実績が公正に認められること

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

研修ののち試験がおこなわれます(ジュニアの場合)。

以下はジュニアについてです。
養成研修の内容:
(1)「紅茶学」講座など(11単位)
(2)「講習会の手順」など指導実習(13単位)
(3)「ティーテイスティング」実習(4単位)
(4)「紅茶製造」実習(1単位)
(5)紅茶関連講座など(4単位)
カリキュラムは、前期と後期に分けられ、各期末に「資格認定試験」がおこなわれます。
試験方法:
(1)学科試験
(2)産地別紅茶判定試験
(3)正しい紅茶のいれ方・扱い方、およびバリエーションの指導実務試験

費用

資格認定試験受験料:10,000円
認定登録料:10,000円
研修費用:291,600円(受講料、消費税、テキストなど教材費、実習資材火、参考図書代等を含む)

受験地

東京

難易度

合格率などのデータは公開されていません。

スケジュール

研修は4月から12月のコースで開催
詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎日本紅茶協会 養成研修係
〒105−0021 東京都港区東新橋2−8−5東京茶業会館6F
TEL:03−3431−6509
URL:http://www.tea-a.gr.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR