さまざまなシーンやイベントを花で飾る

フラワーデザイナー

  • 実力やレベルを証明
  • 専門技術を取得
  • 生活・趣味を充実

公的資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

客のニーズや予算、場所に合わせて、花をアレンジすることをフラワーデザインと呼び、フラワーデザインを仕事にするスペシャリストを、フラワーデザイナーといいます。たとえば、結婚式やパーティー、イベントなどの会場を花で彩ったり、ブライダルブーケやギフトを制作したり、花を素材に豊かな美しさを創出します。フラワーデザイナーとして働く上で、資格は必ずしも必要ではありませんが、スキルを認定する民間の試験が幾つか実施されています。最も知られているのが日本フラワーデザイナー協会(略称NFD)の検定資格です。
そのほか、実務経験のある人を対象として、厚生労働省が、フラワー装飾技能士の技能検定試験を行っています。

職場・収入

フラワーショップ、ホテル、ディスプレイ会社、結婚式場、レストラン、スクールなどへの就職の他、経験を積めばフリーとして活躍できます。また1級を取得すれば、フラワーデザインの講師として仕事をすること道も開けます。
収入は、技能の程度によりまちまちですが、生花店等の初任給は月額10〜15万位。
フリーで顧客から指名されるようになれば、高収入も期待できます。

将来性

大手の企業も参入し、さまざまなフラワービジネスが登場しています。
フラワーデザイナーの活躍の場は広がっていくものと思われますが、競争も激しくなる傾向にあります。また、景気の影響を受けやすい特徴もあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

認定団体によって異なります。
以降の記述は、NFDによる受験資格についてです。
「出題9テーマ」を各2単位以上、「必修3テーマ」を各2単位以上、「選択 テーマ」を16単位以上、合計40単位以上を取得することが条件です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と、実技試験があります。
実技試験科目(1級〜3級)
アレンジメント、花束、花嫁の花束
なお、2014年4月から新資格検定試験に完全移行します。新カリキュラムはすでに実施済みです。

費用

受験料(全て税込)
<3級>学科:2,160円、実技:14,040円
<2級>学科:2,160円、実技:19,440円
<1級>学科:2,160円、実技:24,840円
なお、受講費用や会員費用は別途になります。

受験地

札幌、秋田、仙台、新潟、金沢、東京、静岡、名古屋、大阪、岡山、広島、米子、徳島、松山、福岡、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄の全国各地
(※3級・2級はNFD公認校でも受験可能)

難易度

合格率などは公開されていません。

スケジュール

月に数回。
資格検定試験の試験日程は6ヶ月前、出題テーマ、支給花材は試験日の1ヶ月前に発表されます。合格発表は試験実施後2週間以内。

お問い合わせ

フラワーデザイナー資格検定試験(NFD)について

◎公益社団法人 日本フラワーデザイナー協会
〒108−8585 東京都港区高輪4−5−6
TEL:03−5420−8741
URL:http://www.nfd.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR