会社の人事制度や年金のコンサルタント

社会保険労務士

  • これから有望
  • 就職・転職に有利
  • 独立に有利

国家資格

試験難易度 AA 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

「社労士」と呼ばれる社会保険労務士は、その名前が示すとおりに、企業などから依頼を受けて社会保険すなわち労災保険、雇用保険、年金の実務をおこない、労務管理のコンサルタントを務めます。
労働保険・社会保険に関する法令が定めている申請書、届出書、報告書など約300種類以上の書類を作成し、行政機関への提出や手続きを代行します。また、これらに関する調査や処分に対する主張・陳述の代行もします。
また、企業の経営改善や雇用の維持のために、国からさまざまな助成金や交付金が支給されますが、最新の情報をキャッチし、経営者に助言して申請の手続きなどをおこなうのも、社労士の重要な仕事のひとつです。

労務管理の側面では、従業員の採用から退職までのさまざまな問題についても経営者や人事担当者から相談を受け、アドバイスをします。賃金や労働時間、休日などの定め方、昇進・配置転換などの方針、職場の安全衛生や健康管理、仕事に関する教育訓練の進め方などについて、労働法の基準に照らして指導や助言をします。
また、就業規則や給与体系、人事制度の企画立案や作成も請け負います。

職場・収入

社社労士は独立開業の道のほかに、勤務社会保険労務士として企業内の人事・労務関連の部署でスペシャリストとして活躍する例もあります。

将来性

企業の経営環境が大きく変わる中で、人・モノ・カネ・情報といった経営資源の確保と効率的な運用が、経営者にとっての大きな課題になっています。
社労士にとっては、人材=人財という貴重な資源について経営者に助言するコンサルタントとしての機能がますます重要になってきています。

年功序列と終身雇用が崩壊したといわれる中で、新しい人事制度の構築や、仕事と生活の調和を実現させる環境づくりの側面で、社労士の果たす役割はさらに大きくなるでしょう。また、労働組合の活動が低調な中にあって、賃金をめぐるトラブルや、セクハラ、パワハラといった問題が急増しています。
こうした個別労働紛争を裁判よりもスピーディーに解決できるADR(裁判外訴訟手続)は、社労士のなかでも所定の研修を受けて試験に合格した「特定社会保険労務士」が代理人を務めます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学歴、実務経験、その他の条件があります。
・学歴
 大学、短大、高専(5年制)を卒業している。またはこれと同程度の学校を修了している、など。
・実務経験
 公務員として行政事務に通算3年以上従事していた、労働組合の役員として専従していた期間が通算3年以上ある、など。
・その他
 厚生労働大臣が認めた国家試験に合格している、行政書士の資格を持っている、など
詳細は公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験範囲は以下のとおりです。
・労働基準法および労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)
・雇用保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む)
・労務管理その他の労働に関する一般常識
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法

費用

受験手数料:9,000円

受験地

北海道、岩手県、宮城県、山形県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県
※ひとつの県で複数会場を用意している場合もあります。

難易度

2016年度の第48回試験の結果は下記のとおりです。
受験者数 39,972名、合格者数 1,770名、合格率 4.4%

スケジュール

年1回
受験申込期間4月中旬〜5月末、試験8月下旬、合格発表11月初旬

お問い合わせ

◎全国社会保険労務士会連合会 試験センター
〒103−8347 東京都中央区日本橋本石町3−2−12 社会保険労務士会館5F
TEL:03−6225−4880(祝日を除く月〜金9:30〜17:30)
URL:http://www.sharosi-siken.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR