色彩の知識を身につけ、多彩な分野に活かす

文部科学省後援 色彩検定(R)

  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利
  • 生活・趣味を充実

公的資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

色彩検定は、公益社団法人 色彩検定協会(略称 A・F・T)が実施している、色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。

級・レベル・上位資格

色彩検定には3つの級があります。
1級と2級、2級と3級は同じ日に受験できます。

職場・収入

インテリア、ファッション、グラフィックはもちろん、企業のデザイン・宣伝部門などで、色彩に関する専門知識を活用できます。既に小売業やサービス業で働いている人が、スキルアップのために取得する場合も多いようです。また、色彩の講師や、アナリストなどとして直接色に関わる仕事に就く人もいます。

将来性

デザイン部門、広告部門などの専門部署への就職やキャリアアップを目指すには、専門的な色の知識が役に立ちます。
文部科学省の後援ということもあって、志願者は幅広い年齢層に広がっており、認知度も高くなってきました。ただし、実際の転職や就職に活かしていくためには、1級を目指す方がベターでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
どの級からでも受験できます。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と実技試験がおこなわれます。
2級は筆記試験(マークシート方式と記述式)、3級は筆記試験(マークシート方式)のみ、1級は一次は筆記試験(マークシート方式と記述式)と二次は実技試験(記述式)があります。

試験科目は次のとおりです。
<1級>色彩と文化、色彩調和論、光と色、色の表示、色彩の実務、色彩心理、配色イメージ、ビジュアル、ファッション、プロダクト、インテリア、環境、ユニバーサルデザイン
<2級>生活と色、光と色、色の表示、色彩調和、配色イメージ、ビジュアル、ファッション、プロダクト、インテリア、エクステリア環境、慣用色名
<3級>色のはたらき、光と色、色の表示、色彩心理、インテリア、色彩調和、色彩効果、色彩と生活、ファッション、慣用色名

費用

検定料:<1級>15,000円、<2級>10,000円、<3級>7,000円

受験地

全国各地
※ 1級2次試験の受験地は札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡の6エリア

難易度

2016年度の試験の結果は以下のとおりです。(合格率は対実受験者)。
<1級>志願者数 1,803名、合格者数 473名、合格率 29.8%
<2級>志願者数 12,161名、合格者数 6,993名、合格率 62.8%
<3級>志願者数 27,292名、合格者数 19,152名、合格率 75.3%

スケジュール

年2回
例年、夏期(6月)と冬期(11月、12月)、1級は12月のみ。

お問い合わせ

◎公益社団法人 色彩検定協会
URL:http://www.aft.or.jp/

◎個人受験に関して
TEL:03−5510−3737/06−6397−0203

◎団体受験に関して
TEL:06−6397−0203

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR