着物の美しい装いを通じて「心」を伝える着物文化の専門家

きものコンサルタント

  • 就職・転職に有利
  • 伝統芸能・技能
  • 健康・美を磨く

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

アウトライン

こんな資格・仕事

きものコンサルタントは、着物の美しい装いを通じて日本の伝統文化の「心」を伝えていく、着物文化の専門家です。社団法人全日本きものコンサルタント協会が、きものの歴史と文化、着付け、着こなし、作法についての知識と技能を認定する試験を年1回実施しています。
試験に先立ち、予備講座の受講が義務づけられています。

将来性

国際化が進むなかで、日本文化である着物は海外で活躍できる可能性もあります。また、若い世代に再評価され、浴衣や着物がブームになっている面もあります。

職場

大手着物メーカーや問屋では、きものコンサルタントの知識を生かして、商品企画やイベント企画、営業の仕事に携わることができます。また、呉服店では販売や接客の仕事が主になります。結婚式場では、花嫁衣裳や参列者の留袖の着付けをする仕事があります。経験を積めば自分で着付け教室を開いたり、コーディネーターやアドバイザーなどとして独立することも可能です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

実務経験または一定の教育などが求められます。
次のいずれかに該当すれば受験できます。
・着付け指導について2年以上の実務経験がある者
・きものを教える学院、教室の卒業生で220時間以上きものに関する教育を修了した者
・その他、全日本きものコンサルタント協会が資格ありと認めた者

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と実技が実施されます。
【1次試験(筆記)】
試験範囲:服飾史の概要、きものの種類、帯の種類、小物の種類、下着の種類、素材についての知識(きもの、帯、下着、その他)、調和美(きもの、帯、帯締めの調和、きものと髪型の調和、きものと化粧の調和)、仕立てのポイント、着装のポイント、きもののマナー、きものの管理方法(しみぬき、その他の注意)

【2次試験(実技)】
きものコンサルタント職務遂行上の実技(着装実技) 、説得能力、指導能力(話法)、きものコンサルタントとしての演出能力
なお、予備講座の内容は以下のとおりです。
装道の理念、きものの知識、ふくら雀の自装・留袖の他装と話法、きものの礼法(講義と実技)、協会活動の概要説明

費用

受験料(税込):7,800円
予備講座受講料(税込):23,600円

受験地

東京(装道礼法きもの学院)

難易度

合格率などは公開されていません。

スケジュール

年1回(10月)

お問い合わせ

◎公益社団法人 全日本きものコンサルタント協会
〒100−0006 東京都千代田区有楽町1−6−4
TEL:03−3591−3015
URL:http://www.kimono-consul.org/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR