官公署へ提出する書類の作成・提出代理・アドバイスをする

行政書士

  • 高収入も可能
  • 独立に有利
  • 社会に貢献

国家資格

試験難易度 A 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

新車を購入した場合の登録手続き、飲食店や建設業を始める場合の許可手続き、会社の設立手続きなど、県庁や市町村役場に提出する書類の作成や提出代理、アドバイスをおこなうのが行政書士です。この仕事をするには、行政書士の国家資格が必要です。
行政書士の作成する書類の種類は、簡単な届出書類から複雑な許認可手続きに至るまで3,000にも上ります。
語学力を生かし、外国人の在留資格の更新や変更手続き、相談などを専門におこなう行政書士もいます。
書類を作成するために、資料の収集や現地の調査などが必要となる場合もあります。とくに複雑な申請手続きを代行する場合や、関係者の多い相続手続きの場合などは、役所や依頼者のもとへ何度も足を運ぶことが必要になります。
なお、そのほかに公的な書類を作成できる資格として司法書士があります。建設業、古物商、飲食業の許可申請などは行政書士のみができ、相続登記・放棄の手続きは司法書士のみの独占業務で、それぞれ業務範囲が違います。

職場・収入

行政書士の事務所を自分で開業するか、あるいは大規模な行政書士事務所に勤務します。行政書士の事務所はその仕事の性質上、都道府県庁、区市町村の役所・役場、警察署、陸運局などの周辺に集中しています。
独立開業する人の中には司法書士や土地家屋調査士と兼業し、仕事の幅を広げて高収入を得ようとする人が多くなっています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目は以下のとおりです。
・行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題:択一式および記述式)
・行政書士の業務に関連する一般教養(出題数14題:択一式)

費用

受験手数料 7,000円

受験地

各都道府県

難易度

2016年度の試験結果は次のとおりです。
受験者数 53,456名、最終合格者数 4,084名、合格率 10.0%

スケジュール

年1回
出願時期8月上旬〜9月上旬、試験11月上旬、合格発表翌年1月下旬(例年)

お問い合わせ

◎財団法人 行政書士試験研究センター
〒102−0082 東京都千代田区一番町25 全国町村議員会館3F
TEL:03−3263−7700(試験専用ダイヤル)
URL:http://gyosei-shiken.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR