美容室のほか、結婚式場、エステサロンなどでも活躍

美容師

  • 就職・転職に有利
  • 独立に有利
  • 健康・美を磨く

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

美容とは、「パーマネント・ウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」と美容師法に規定されています。理容師との違いは、主に女性客のヘアスタイルを取り扱う点ですが、最近ではヘアサロン(美容室)を利用する男性も増えてきました。
ヘアサロン間の競争が激しくなる中で、エステ、ネイル、アロマテラピーなどのサービスもおこなって差別化を図るヘアサロンもあり、美容師に求められる技術や知識の幅が広がってきました。日本髪や着物の着付けを得意とする美容師もいます。
社会の高齢化が進む中で、老人ホームなどの施設へ出張してお年寄りの洗髪やヘアカット、パーマ、メイクなどをおこなう訪問美容の仕事も注目されています。美容はストレスケアにつながり、認知症の症状を和らげることも期待されています。

級・レベル・上位資格

美容師を3年以上経験し、都道府県知事が指定する講習を受けると管理美容師の資格が取得できます。

職場

ヘアサロンのほか、結婚式場、エステティックサロンなど。テレビ局や雑誌、広告の撮影現場では、出演者やモデルに化粧をしたり、ヘアを整えたりするメイクアップアーティスト(ヘアメイク)の仕事もあります。

将来

将来、独立開業する際に管理美容師が役立ちます。管理美容師は、常時2人以上美容師がいるヘアサロンに置くことが義務付けられています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の養成施設の卒業が必要です。
厚生労働大臣の指定した美容師養成施設(昼間:2年以上、夜間:2年以上、通信:3年以上)を卒業するのが前提です。なお、別途養成施設には入学資格があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験および実技試験が実施されます。
【実技試験】美容実技(第1課題カッティング、第2課題ワインディングおよび衛生上の取扱い)
【筆記試験】関係法規・制度、衛生管理(公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術)、美容保健(人体の構造及び機能、皮膚科学)、美容の物理・化学、美容理論

費用

受験手数料
実技試験、筆記試験の両方を受験:25,000円
実技または筆記試験のみ受験:12,500円

受験地

全国各地
【実技試験】全国都道府県
【筆記試験】全国の主要都市

難易度

2016年度の試験結果は以下のとおりです。
第35回:受験者数 18,526名、合格者数 16,498名、合格率 89.1%

スケジュール

年2回

お問い合わせ

<試験・免許について>
◎公益財団法人 理容師美容師試験研修センター
〒135−8507 東京都江東区有明3−7−26有明フロンティアビル B棟9F
TEL:03−5579−0911
URL:http://www.sb.rbc.or.jp/


<仕事・学校について>
◎公益社団法人 日本理容美容教育センター
〒151−8505 東京都渋谷区代々木3−46−18
TEL:03−3370−3311
URL:http://www.ribikyoiku.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR