製菓・製パンの科学的知識を身につけたプロの証明

製菓衛生師

  • 独立に有利
  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 中卒程度以上 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

アウトライン

こんな資格・仕事

洋菓子のパティシエ、和菓子の職人、またはパン職人(製パン工)などを対象とした国家資格です。
消費者の好みが多様化する中で、飽きられずに長く愛される菓子やパンをつくり続けるには、食品科学をベースにした確かな知識が必要です。主要な素材である小麦粉や砂糖、卵、生クリーム、チョコレート、バター、それに加えて製パンではイースト菌の性質についての知識を踏まえておかないと、柔らかさ、サクサク感、口どけ感、なめらかさといった複雑な食感をねらいどおりに表現することが難しくなります。また、画期的な新商品を生み出すには、知識、教養、感性、技術の総合力が求められます。

職場

菓子メーカー、和洋の製菓店、ホテルのパティスリー部門など。またこれらの職場で修行を積んだ後、独立して製菓店などを経営するときに役立つ資格です。
製菓衛生師の資格がなくても仕事をすることはできますが、資格があれば、材料や製品の安全・衛生について責任をもって管理ができ、添加物や栄養についての知識も踏まえて製菓・製パンの仕事ができるスペシャリストとして高く評価されます。

将来性

消費者は、パンやお菓子のみた目の美しさやおいしさばかりでなく、安全性も求めています。無農薬の材料、添加物を使わない製造法といった安心感を求める人も増えています。また、カロリー制限をしている人や、卵アレルギーをもつ人でも安心して食べられるパンやお菓子へのニーズもあります。製菓・製パンの分野でも、今後さらに科学的な知識が重要になるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の学歴あるいは実務経験が必要です。
所定の学歴あるいは実務経験が必要です。
・厚生労働大臣の指定する製菓衛生師養成施設で1年以上、製菓衛生師に必要な知識および技能を修得している
・2年以上製菓製造業に従事した
なお、どちらも中学卒業以上の学歴が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容・科目

筆記試験がおこなわれます。
四肢択一のマークシート方式で6科目60問の出題です。試験科目は次のとおりです。
衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、製菓理論及び製菓実技

費用

受験手数料: 9,500 円

試験地

各都道府県によって異なります。

難易度

合格発表は都道府県ごとで、合格率はそれぞれ異なりますが、70〜80%ほどが多いようです。実施年・県によって約50%、約90%など開きがあります。

スケジュール

試験の日時などは公式サイトまたは各都道府県のサイトを参照してください。

お問い合わせ

各都道府県製菓衛生師試験担当
URL:都道府県庁URL一覧(e-資格&スキルガイド内)

<東京都の場合>
◎東京都福祉保健局 健康安全室 健康安全課 食品医薬品情報係
〒163−8001 東京都新宿区西新宿2−8−1 
TEL:03−5320−4032
URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

<養成校について>
◎一般社団法人 全国製菓衛生師養成施設協会
〒108−0074 東京都港区高輪3−25−27 アベニュー高輪1102号
TEL:03−3446−0360
URL:http://www.zenkakyo.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR