栄養のバランスに配慮した献立をつくり、栄養指導をおこなう

栄養士

  • 学校、講習等で取得
  • 就職・転職に有利
  • 健康・美を磨く

公的資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 専門・短大程度以上 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

栄養士は、学校や企業、病院、老人ホームなどの集団給食において、栄養指導と食事の管理をおこないます。主要な仕事は、給食の献立作りです。パソコンを使ってカロリー計算をしたり、栄養価を調べたりしながら、栄養のバランスを考えて献立を作り、予算のことも考えながら食材を発注し、調理のしかたを調理スタッフに指導します。
病院においては、医師の発行する「食事せん」に基づいて、個々の入院患者の病状や回復のプロセスに合わせた食事を調整します。また、退院後の食生活で気をつけるポイントについて、患者や家族に面接指導をおこないます。

職場

集団給食がおこなわれている学校、会社のオフィスや工場、病院、老人ホームといった施設など。公立学校や保健所・保健センターで地方公務員として勤務する栄養士もいます。また、食品メーカーや外食産業で、メニュー開発や新商品の企画・開発に携わるなど、栄養士の活躍の場が広がっています。

将来性

増え続ける生活習慣病や肥満の問題を解決するために、栄養士の役割がますます重要になってきています。単に食欲を満たすためではなく、より健康で豊かな食生活を送るために、栄養士の専門知識と指導力が生かされる場が増えてきています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の課程を修了し、免許を取得する必要があります。
栄養士になるためには、厚生労働大臣が指定した養成施設(2年制の専門学校、短大、4年制大学など)で所定の課程を修了して卒業し、都道府県知事の免許を取得します。
また、管理栄養士は、国家試験に合格して初めて与えられる資格です。受験資格については、「管理栄養士」のページをご参照ください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

栄養士の養成施設では、食品と衛生、栄養と健康、栄養指導、集団給食の運営方法のほか、解剖学や病理学など、人体のしくみと機能にかかわる基礎的な知識も学びます。

費用

申請手数料(東京都):5,600円

受験地

各都道府県

スケジュール

栄養士の免許を取得するには、都道府県の窓口で申請手続きが必要になります。申請書のほか、栄養士養成施設の卒業証明書、栄養士養成課程単位履修証明書などの書類を提出します。

お問い合わせ

<免許について>
◎各都道府県の調理師試験担当の課
URL:都道府県庁ホームページ一覧(e-資格&スキルガイド内)

(東京都の場合)
◎東京都福祉保健局 保健政策部健康推進課保健栄養係
〒163−8001 東京都新宿区西新宿2−8−1
TEL:03−5320−4357
URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/kenko_zukuri/ei_syo/menkyo/

<職能団体>
◎公益社団法人 日本栄養士会
〒105−0004 東京都港区新橋5−13−5 新橋MCVビル6F
TEL:03−5425−6555
URL:http://www.dietitian.or.jp/

<学校について>
◎社団法人全国栄養士養成施設協会
〒170−0004 東京都豊島区北大塚1−16−6 大塚ビル608 
TEL:03−3918−1022
URL:http://www.eiyo.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR