高齢者や障害者の家庭を訪問し、生活援助と身体介護をおこなう

介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

  • 学校、講習等で取得
  • 医療・福祉で働く
  • 就職・転職に有利

公的資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

2013年からホームヘルパー制度が廃止され、従来ホームヘルパー2級に相当した研修が、「介護職員初任者研修」に変わりました。
介護職員初任者研修を修了すると、介護職員初任者研修修了者として認定されます。この研修は、在宅・施設を問わず、介護職として働く上で基本となる知識・技術を修得するためのものです。
介護職員初任者研修修了者は、「介護福祉士養成のための実務者研修」を経て、介護福祉士から認定介護福祉士をめざすキャリアパスになります。「介護福祉士」とは国家資格のひとつであり、専門的な知識と技術をもって、身体や精神の障害のために日常生活に困難が生じている人を介護する専門職です。

職場・収入

高齢者や障害者の施設、または訪問介護をおこなうヘルパーステーション(訪問介護事業所)などが職場になります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

受講には資格は必要ありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

研修ののち、修了評価があります。
130時間の研修ののち、筆記試験がおこなわれます。

費用

都道府県及び都道府県が指定する研修事業者により異なります。

受験地

都道府県

難易度

試験結果は公開されていません。

スケジュール

実施団体によります。

お問い合わせ

◎各都道府県指定都市の福祉担当課

都道府県庁URL一覧(e-資格&スキルガイド内)

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR