働く母親が増える中でニーズが高まる

保育士

  • 就職・転職に有利
  • 社会に貢献
  • 学校、講習等で取得

国家資格

試験難易度 AA 年齢制限 年齢制限あり
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

アウトライン

こんな資格・仕事

保育士とは、保護者に代わって6歳までの子どもを預かり、子どもが安心して安全に過ごせるように世話をする職業です。保育士として働くには、国家資格である保育士資格が必要です。資格の取得は、養成課程のある学校を卒業するか、もしくは保育士試験に合格するか、どちらかの方法があります。なお、保育士試験は、都道府県ごとに試験を実施する機関が指定されています。
保育士には、保育の知識だけでなく、心理学、栄養学、社会福祉学など多彩な知識が要求されます。また、子どもの親とコミュニケーションをとって、その日の子どもの健康状態や何か注意すべき点についての情報を的確に収集する能力も求められます。女性に人気の高い職種ですが、男性も資格を取得できます。

職場・収入

勤務先は保育所のほか、児童館、乳児院、養護施設などがあります。養護施設とは、保護者がいなかったり、虐待を受けたりしている児童を収容して、保護や指導、自立の支援などをおこなう児童福祉施設です。また、国の幼保一元化政策によって生まれた新しい職場として、幼稚園と保育園の機能をあわせもつ認定こども園があります。
公立の施設で働く場合は、地方公務員の基準に基づく給与が支払われます。民間の保育所は認可保育所と無認可保育所があり、独立採算制の無認可保育所は経営が厳しく、給与水準が低いと言われています。

将来性

共働きの家庭が増えており、保育施設への期待が高まっています。少子化が進んでも需要が減ることはなさそうです。
最近では一時的に子どもを預かる仕事のニーズも増えてきました。スポーツクラブやカルチャーセンター、公共の施設、ショッピングセンターなどの託児所で、パートタイムで仕事をする保育士もいます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

一定以上の学歴、または実務経験が必要です。
一例として以下のような条件があります。
・短大・高等専門学校卒業以上の学歴をもつ
・児童福祉施設において5年以上児童の保護に従事した など。
詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と実技試験がおこなわれます。
【筆記試験】
社会福祉、児童家庭福祉、保育の心理学、子どもの保健、子どもの食と栄養、保育原理、教育原理、社会的養護、保育実習理論
【実技試験】
音楽表現に関する技術、造形表現に関する技術、言語表現に関する技術

費用

費用:12,950円(うち受験料:12,700円、受験の手引き郵送料:250円)

受験地

各都道府県

難易度

2015年の試験結果は次のとおりです。(全免者を除く)
受験者数 67,504 名、合格者数 23,165 名、合格率 34.3%

スケジュール

年1回。
筆記試験:8月、実技試験:10月

お問い合わせ

<保育士試験指定試験機関>
これらの機関は都道府県ごとに指定されます。各都道府県の公式サイトを参照してください。

試験全般について
◎社団法人 全国保育士養成協議会 保育士試験事務センター
〒171−8536 東京都豊島区高田3−19−10
TEL:0120−4194−82(祝日を除く平日10:00〜18:00)
http://hoyokyo.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR