人間の心の問題にアプローチする心の専門家

臨床心理士

  • 医療・福祉で働く
  • 専門技術を取得
  • 就職・転職に有利

民間資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 大学院修士以上 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

臨床心理士とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の心の問題にアプローチする「心の専門家」です。心理テストを用いて心理学的に評価(アセスメント)をおこなったのち、心理面接技法を用いて数回のカウンセリングを実施し、精神科医や心療内科医などの医師と連携をとりつつ、うつ病、不登校、ひきこもり、パニック障害など問題の解決を支援していきます。
臨床心理士は、財団法人 日本臨床心理士資格認定協会が1988年から資格認定を開始し、2016年4月1日現在で31,291名が認定されています。
日本で心の問題に携わる専門家は、カウンセラー、セラピストなどと呼ばれており、現在、心理職の国家試験は行われていませんが、平成29年9月までに公認心理師法の施行が、平成30年までに第1回国家試験が実施される予定です。

職場・収入

病院・診療所(精神科、心療内科、小児科、その他)、保健所、地域の精神保健福祉センター、学校内の相談室、教育センター、各種教育相談機関など。
企業の社員相談室のカウンセラーとして、さまざまな相談に対応し、メンタルヘルス(心の健康)教育に携わる人もいます。

将来性

うつ病の患者や自殺者が増える中で、心の問題の予防や解決に携わる心の専門家の活躍がますます重要になってきています。従来からの学校、医療の現場に加え、企業内でのニーズが高まっています。最近では、相談業務やメンタルヘルス教育を企業から請け負うEAP(従業員援助プログラム)を専門とする会社が増えてきました。これらの企業では、臨床心理士の資格をもつ心理カウンセラーが数多く活躍しています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の学歴、資格や実務経験が必要です。
おもな受験資格は次のとおりです。
・日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院(1種・2種)を修了した者
・臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
・諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴および必要な心理臨床経験2年以上を有する者
・医師免許取得者で、必要な心理臨床経験2年以上を有する者

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験・面接試験がおこなわれます。
【1次試験】(筆記試験)
100題の「設問」(多肢選択法、マークシート方式)と「小論文」。
設問の範囲:心理学の基礎的設問、臨床心理士の基本業務である4種の内容(臨床心理査定・臨床心理面接・臨床心理的地域援助・それらの研究調査)に関する基礎的・基本的な専門知識、臨床心理士に関する倫理・法律等の基礎知識および基本的な姿勢や態度にかかわる設問
【2次試験】(口述面接試験)
1次試験において「設問」の成績が一定の水準に達した人に対して、2名の面接委員による口述面接試験がおこなわれます。臨床心理士としての基本的な姿勢や態度、専門家として最低限備えておくべき人間関係能力の実際が問われます。

費用

申請書類(1セット):1,500円

受験地

東京

難易度

2015年度の試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 2,590人 合格者数 1,601 人 合格率 61.8%

スケジュール

年1回。
受験申込受付期間:7月初旬〜9月初旬、1次試験:10月初旬、2次試験:11月下旬、最終合格者発表:12月下旬

お問い合わせ

◎公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会
〒113−0033 東京都文京区本郷2−40−14 山崎ビル7F
TEL:03−3817−0020
URL:http://www.fjcbcp.or.jp/

<職能団体>
◎一般社団法人 日本臨床心理士会
〒113−0033 東京都文京区本郷2−40−14−401
TEL:03−3817−6801
URL:http://www.jsccp.jp/

◎公認心理師について(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR