はりやきゅうでツボを刺激して治療する東洋医学の施術者

はり師、きゅう師

  • 医療・福祉で働く
  • 専門技術を取得
  • 独立に有利

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

はり師、きゅう師は、公益財団法人 東洋療法研修試験財団が試験を実施する国家資格(業務独占資格)です。それぞれ異なる資格であり、試験も別におこなわれますが、職域が近いため両方を取得する人が多くなっています。
はり師はツボを鍼(はり)で刺激し、きゅう師はツボを灸(きゅう)で温めることによって、人間が本来もっている自然治癒力を高め、病気を治療します。灸(きゅう)には、いろいろな種類がありますが、一般的には、よもぎを原料とする「もぐさ」を患者の体のツボの上に載せて線香で火をつけ、熱によって刺激します。鍼(はり)も灸(きゅう)も、副作用がほとんどない治療法であると言われています。神経痛、リウマチなどの治療には健康保険が適用されます。

職場

出身校の先輩や講師が経営するはり・きゅう治療院に就職し、経験を積んでから独立開業する人が多いようです。

将来性

独立開業する人は、はり師、きゅう師の2つの免許はもちろん、あん摩マッサージ指圧師の資格もあわせもち、さまざまな患者に対応し、職域を広げているようです。最近は、スポーツ障害の治療をはじめ、リラクゼーションや、高齢者の介護予防などにも東洋医学の効用が認められ、はり師、きゅう師の活躍の場が少しずつ広がってきています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴の条件などがあります。

学校・養成機関

文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。

また、視力障害者のある人についても所定の養成機関で決められた課程を修了で受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
<はり師>
試験科目:医療概論(医学史を除く)、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、はり理論及び東洋医学臨床論
<きゅう師>
試験科目:医療概論(医学史を除く)、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論、経絡経穴概論、きゅう理論及び東洋医学臨床論

なお、同時に2つの試験を受ける場合は、本人の申請により、どちらか一方の共通科目の受験が免除されます。

なお、視覚障害者には点字による受験などの対応がなされています。

費用

受験手数料:11,600円

受験地

北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県
視覚障害者の試験は各都道府県

難易度

2016年度に実施された第25回試験の結果は以下のとおりです。
<はり師>受験者数 4,527名、合格者数 3,032名、合格率 67.4 %
<きゅう師>受験者数 4,443名、合格者数 3,010名、合格率 67.7%

スケジュール

年1回。
試験は、例年2月下旬に実施されます。

お問い合わせ

◎公益財団法人 東洋療法研修試験財団
〒105−0012 東京都港区芝大門1−16−3 芝大門116ビル6F
TEL:03−3431−8771
URL:http://www.ahaki.or.jp/

◎厚生労働省の資格・試験情報
厚生労働省
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR