伝統的な手技療法を用いて、ストレスに苦しむ人を癒し、治療する

あん摩マッサージ指圧師

  • 医療・福祉で働く
  • 専門技術を取得
  • 独立に有利

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

あん摩マッサージ指圧師は公益財団法人 東洋療法研修試験財団が試験を実施する国家資格(業務独占資格)です。「あん摩」「マッサージ」「指圧」は、それぞれ独自の歴史を持つ伝統的な治療法ですが、共通点が多く、「あん摩マッサージ指圧師」としてひとつの国家資格にまとめられました。「あん摩」は中国で、「マッサージ」は西洋で生まれた伝統的な治療法であるのに対し、「指圧」は東洋医学の考え方をもとに日本で開発された独自の施術であり、ツボを押して患部のコリや疲れを取りのぞきます。
マッサージや指圧といえば、かつては高齢者のための治療法というイメージもありましたが、最近では、短時間で低料金、しかも職場や家の近くの利用しやすい場所で簡単に受けられる「クイックマッサージ」が普及し、幅広い年齢層の人々に親しまれています。

職場・収入

整骨院、医療・介護施設などが主な勤務先です。また訪問サービスを専門におこなう会社に所属することもあります。企業内でも、あん摩マッサージ指圧師の資格をもつ人を「ヘルスキーパー」として社内の健康管理室などに配属する例もあります。独立も可能ですが、資格取得したのちに技術を磨く期間が必要です。看護師や他のスタッフを必要とせず、自分ひとりで治療ができ、年齢に関係なく仕事が続けられます。

将来性

社会人や定年退職者が養成施設で勉強し、第2のチャレンジとしてこの職業を志す例もあります。共通する内容が多いので、はり師やきゅう師の資格もあわせて取得する人が多くなっています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴の条件などがあります。

学校・養成機関
文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した養成施設で3年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。

また、視力障害者のある人についても所定の養成機関で決められた課程を修了で受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目:医療概論(医学史を除く)、衛生学・公衆衛生学、関係法規、解剖学、生理学、病理学概論、臨床医学総論、臨床医学各論、リハビリテーション医学、東洋医学概論・経絡経穴概論、あん摩マッサージ指圧理論、東洋医学臨床論

なお、視覚障害者には点字による受験などの対応がなされています。

費用

受験手数料:11,600円

受験地

北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県。
ただし、視覚障害者については一部の県を除いた各都道府県。

難易度

2017年に実施された第25回試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 1,603名、合格者数 1,354名、合格率 84.5%

スケジュール

年1回。
受付期間:12月上旬〜下旬、試験:2月下旬(例年)、合格発表:3月下旬。

お問い合わせ

◎公益財団法人 東洋療法研修試験財団
〒105−0012 東京都港区芝大門 1−16−3 芝大門116ビル6F
TEL:03−3431−8771
URL:http://www.ahaki.or.jp/

◎厚生労働省の資格・試験情報
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR