予防、診療補助、保健指導が歯科衛生士業務の3本柱

歯科衛生士

  • 医療・福祉で働く
  • 就職・転職に有利
  • 健康・美を磨く

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

歯科衛生士は、財団法人 歯科医療研修振興財団 が試験を実施する国家資格(業務独占資格)です。虫歯や歯周病などの歯科疾患の予防と口腔衛生の向上を図ることを目的として、人々の歯と口腔の健康づくりをサポートします。仕事の内容は、「歯科予防処置」(フッ素を使った虫歯の予防など)、「歯科診療の補助」、「歯科保健指導」(歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導)の3つに大別されます。

職場・収入

歯科医院や病院、保健所や市町村保健センター、訪問診療の分野で歯科衛生士は活躍しています。歯磨きに関連した民間企業(メーカーなど)に勤務する歯科衛生士もいます。

将来

高齢者向けの訪問診療や、摂食・嚥下機能訓練の分野でも、歯科衛生士の活躍が期待されています。5年間経験を積むと、介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格ができます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴の条件などがあります。

学校・養成機関

文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校、厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所(大学、短大、専修学校)。

また、外国での免許を持っている場合なども受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目:人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論、歯科保健指導論、歯科診療補助論

費用

受験手数料:14,300円

受験地

北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

難易度

2016年度に実施された第25回試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 7,233名 合格者数 6,944名 合格率 96.0%

スケジュール

年1回。
受付期間:1月上旬〜中旬、試験:2月下旬〜3月上旬、合格発表:3月下旬

お問い合わせ

◎財団法人 歯科医療研修振興財団
〒102−0073 東京都千代田区九段北4−1−20 歯科医師会館内
TEL:03−3262−3381
URL:http://www.dc-training.or.jp/

◎厚生労働省の資格・試験情報
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR