捻挫や打撲の応急処置を行う日本独特の療法

柔道整復師

  • 医療・福祉で働く
  • 専門技術を取得
  • 独立に有利

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

柔道整復師は、公益財団法人 柔道整復研修試験財団が試験をおこなう、業務独占の国家資格です。一般的には、ほねつぎ、接骨師、整骨師として広く知られています。柔術の「活法」を基本とし、けが人を回復させる技術として伝承されてきました。明治以降は、東洋医学と西洋医学の技術も採り入れて発展を遂げた日本独特の医療技術です。打撲、捻挫、挫傷(肉離れ)、骨折、脱臼などに対し、手術をしない「非観血的療法」という独特の手技によって整復・固定・後療等をおこない、人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させます。

職場・収入

接骨院などを独立開業するほか、病院の整形外科やリハビリテーション科に勤務する人もいます。スポーツジムなどのスポーツ関連施設や、プロスポーツチームに所属し、運動中のケガの治療や運動後のマッサージなどをおこなうトレーナーもいます。
介護保険制度の中で、機能訓練指導員として活躍する場合は、介護老人保健施設やデイサービス施設と呼ばれる介護保険関連の施設に勤務します。

将来性

独立開業が魅力の仕事ですが、競争も高めなので、スキルを高め続ける必要があります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴の条件などがあります。

学校・養成機関:文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した柔道整復師養成施設(大学・専門学校など)で3年以上所定の科目を習得すること(卒業または見込み)。

また、外国での免許を持っている場合などにも受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験が実施されます。
試験範囲:解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論、関係法規

費用

受験手数料:16,500円

受験地

北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県

難易度

2017年度におこなわれた第25回の試験結果は下記のとおりです。
受験者数 6,727名、合格者数 4,274名、合格率 63.5%

スケジュール

年1回
試験:例年3月上旬、願書受付期間:1月上旬〜中旬、合格発表:3月下旬

お問い合わせ

◎公益財団法人 柔道整復研修試験財団
〒105−0003 東京都港区西新橋1−11−4 日土地西新橋ビル6F
TEL:03−6205−4731
URL:http://www.zaijusei.com/

◎厚生労働省の資格・試験情報
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◎職能団体
公益社団法人 日本柔道整復師会
〒110−0007 東京都台東区上野公園16−9
TEL:03−3821−3511
URL:http://www.shadan-nissei.or.jp/


TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR