義足や義手を製作し、使う人の体になじむように調整・適合する

義肢装具士

  • 医療・福祉で働く
  • 専門技術を取得
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

義肢装具士は、公益財団法人 テクノエイドが試験を実施する国家資格(業務独占資格)で、この資格がないと義肢装具を製作・調整する専門職には就けません。具体的な仕事としては、医師の指示を受けて、機能的で患部に負担をかけない義肢装具を製作し、使う人の体になじむように調整や適合をおこないます。単に義肢装具を製作するだけでなく、それを患者に適合させることを中心的な業務とします。
完成までには幾つかのプロセスがあり、組み立て・仕上げ部分を製作専門技術者がおこなうこともあり、ほかの義肢装具士との間で作業を分担する例もあります。

職場・収入

義肢装具士の資格をもつ人の大半は医療機関に属さず、民間の義肢装具製作施設に所属し、契約している病院や更生相談所等に出向いて仕事をするのが一般的です。医師、理学療法士、作業療法士などの関連する専門職種と情報を交換し、患者や障害者の要望を聞きながら義肢装具の製作、適合をおこないます。

将来性

義肢装具を必要とする四肢切断の主たる原因は、以前は労働災害や交通事故といった外傷によるものが大多数を占めていましたが、現在では糖尿病などによる血管障害や、悪性腫瘍による切断が増えています。高齢化社会を迎え、新たな需要が見込まれています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴、技能検定の合格という資格と所定の学歴双方の条件などがあります。

学校・養成機関
文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所で3年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。
大学・高等専門学校・養成所などで1年以上(高等専門学校は4年)必要な科目を習得し、さらに義肢装具士養成所で2年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)。

資格
義肢及び装具の製作に係る技能検定(職業能力開発促進法)に合格しており、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所で1年以上必要な知識・技能を修めること(卒業、または見込み)

また、外国での免許を持っている場合などにも受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験が実施されます。
試験科目:臨床医学大要(臨床神経学、整形外科学、リハビリテーション医学、理学療法・作業療法、臨床心理学、関係法規を含む)、義肢装具工学(図学・製図学、機構学、制御工学、システム工学、リハビリテーション工学)、義肢装具材料学(義肢装具材料力学を含む)、義肢装具生体力学、義肢装具採型・採寸学、義肢装具適合学

費用

受験手数料:59,800円

受験地

東京都

難易度

2017年に実施された第30回試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 254名、合格者数 221名、合格率 87.0%

スケジュール

年1回。
受付期間:1月上旬〜下旬、試験:2月下旬〜3月上旬、合格発表:3月下旬

お問い合わせ

◎公益財団法人 テクノエイド
〒162−0823 東京都新宿区神楽河岸1−1 セントラルプラザ4F
TEL:03−3266−6882
URL:http://www.techno-aids.or.jp/

◎厚生労働省の資格・試験情報
厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◎職能団体
社団法人 日本義肢装具士協会
〒113−0033 東京都文京区本郷5−32−7 義肢会館202
TEL:03−5842−5457
URL:http://www.japo.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR