作業を通じてリハビリを指導・援助する

作業療法士

  • 医療・福祉で働く
  • 専門技術を取得
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

作業療法士は、厚生労働省が試験を実施する国家資格(業務独占資格)で、OT(Occupational Therapist)と称されています。。身体や精神に障害がある人に対して、手芸や園芸、木工などの作業、食事や歯みがきなど日常生活の動作、家事、遊びといった「作業活動」を通じて、リハビリテーションをおこないます。対象は子どもから高齢者まで、障害により日々の生活に支障が生じてしまった、すべての人です。

職場・収入

身体障害、精神障害、知的障害、発達障害、加齢による障害などを対象にリハビリテーションをおこないます。具体的な職場としては、医療機関、リハビリテーションセンターのほか、福祉施設、教育機関などが考えられます。

将来性

社会の高齢化が進む中で、デイサービス、訪問リハビリ、介護予防といった介護保険のサービスを提供する作業療法士の活躍の場が広がっています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

大学入学資格をもち、所定の養成機関で決められた課程を修了という学歴の条件などがあります。

学校・養成機関

文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した作業療法士養成施設で3年以上所定の科目を修めること。

また、外国での免許を持っている場合などにも受験資格があります。詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と実地試験がおこなわれます。
【筆記試験】
一般問題、実地試験の区分があります。
試験科目(一般問題):解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)、作業療法
試験科目(実地問題):運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)、作業療法

【口述試験及び実技試験】
点字試験受験者に対して、実地問題に代えて次の科目についておこなう。
運動学、臨床心理学、リハビリテーション医学、臨床医学大要(人間発達学を含む)、作業療法

なお、視覚障害者には点字による受験などの対応がなされています。

費用

受験手数料:10,100円

受験地

【筆記試験】
北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、香川県、福岡県、沖縄県 

【口述試験及び実技試験】
東京都

難易度

2016年度に実施された第51回試験の結果は以下のとおりです。
受験者数 6,102名、合格者数 5,344名、合格率 87.6%

スケジュール

年1回。
受付期間12月中旬〜1月上旬、試験:2月下旬〜3月上旬、合格発表3月下旬(例年)

お問い合わせ

◎厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100−8916 東京都千代田区霞が関1−2−2
TEL:03−5253−1111
URL:http://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

◎職能団体
社団法人 日本作業療法士協会
〒111−0042 東京都台東区寿1−5−9 盛光信光ビル7F
TEL:03−5826−7871
URL:http://www.jaot.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR